0 / 0
資料の 英語版 に戻る
プロジェクトでのデータの取得と準備
プロジェクトでのデータの取得と準備

プロジェクトでのデータの取得と準備

プロジェクトを作成した後、またはプロジェクトに参加した後、次のステップはプロジェクトにデータを追加し、分析のためにデータを準備することです。

データ資産は、ローカル・システム、カタログ、ギャラリー、またはデータ・ソースへの接続から追加することができます。

以下のタイプのデータ資産をプロジェクトに追加できます。

  • ローカル・システムのファイルからのデータ資産 (構造化データ、非構造化データ、およびイメージなど)。 ファイルは、プロジェクトの IBM Cloud Object Storage バケットに保存されます。
  • 接続資産 (データ・ソースへの接続に関する情報を含む)。 IBM またはサード・パーティーのデータ・ソースへの接続を追加できます。 サポートされた接続を参照してください。
  • 接続データ資産。データ・ソースへの接続を介してアクセスされる表、ビュー、またはファイルを指定します。
  • IBM Cloud Object Storage内のパスを指定する接続済みフォルダー資産。

すぐに開始するには、学習パスを選択してチュートリアルを受け取ります。 データの準備の開始を参照してください。

データ資産のコンテンツの プレビュー と、データのテキスト・コンテンツの プロファイル を閲覧するには、資産名をクリックして開きます。

クレンジングおよびシェーピングによって データを精製 するには、最初にデータをプロジェクトに追加してから、データ資産を開き、 「データの準備」をクリックします。

データをキュレートするには、 メタデータ・インポート を介してデータをプロジェクトに追加してから、それらのデータ資産を エンリッチ します。

データを変換するには、 「新規資産」>「 DataStage」 を選択して、 DataStage フローおよび後続のジョブを作成します。

データをマスクするには、 「新規アセット」>「データ・プライバシー」 を選択して、マスクされたデータ・セットを作成して配信します。

マスター・データを作成および管理するには、 「新規資産」> IBM Match 360 with Watson を選択して、 IBM Match 360 with Watsonで使用するマスター・データ構成資産を作成します。

もっと見る