0 / 0
資料の 英語版 に戻る
Cloud Pak for Data デプロイメント間の機能の違い
Cloud Pak for Data デプロイメント間の機能の違い

Cloud Pak for Data デプロイメント間の機能の違い

Cloud Pak for Data as a Service と Cloud Pak for Data 4.5 および 3.5 ソフトウェアでは、機能と実装にいくつかの違いがあります。 Cloud Pak for Data as a Service は 1 組の IBM Cloud サービスです。 Cloud Pak for Data 4.5 と 3.5 は、インストールして保守する必要があるソフトウェアとして提供されています。 両方のデプロイメントで使用可能なサービスでも、 Cloud Pak for Data as a Service の機能が Cloud Pak for Data 4.5 および 3.5 と異なります。

プラットフォームの違い

Cloud Pak for Data as a Service と Cloud Pak for Data 4.5 は共通のコード・ベースを共有しますが、以下の主要な点で異なります。

機能 Cloud Pak for Data as a Service Cloud Pak for Data
ソフトウェア、ハードウェア、およびインストール Cloud Pak for Data as a Service は、IBM Cloud 上で IBM によって完全に管理されます。 ソフトウェア更新は自動的に行われます。 コンピュート・リソースとストレージのスケーリングは自動的に行われます。 https://dataplatform.cloud.ibm.comで登録します。 ハードウェアを提供し、保守します。 Cloud Pak for Data ソフトウェアをインストール、保守、およびアップグレードします。 ソフトウェア要件を参照してください。
ストレージ ストレージを提供するために IBM Cloud Object Storage サービス・インスタンスをプロビジョンします。 IBM Cloud Object Storageを参照してください。 Red Hat OpenShift クラスターでファイル・ストレージ・システムを提供します。 ストレージ要件を参照してください。
ワークロードを実行するためのコンピュート・リソース ユーザーは、ジョブに適切なランタイムを選択します。 コンピュート使用量は、ランタイム環境のレートとジョブの所要時間に基づいて請求されます。 『アカウント・リソース使用量のモニター』を参照してください。 適切な数の vCPU を使用して、 Red Hat OpenShift クラスターとノードの数をセットアップします。 ハードウェア要件 および プラットフォームのモニターを参照してください。
コスト 必要な各サービスを適切なプラン・レベルで購入します。 コンピュート・リソースの使用量に対して多くのサービスが請求されます。 ナビゲーション・メニューから 「サービス」>「サービス・カタログ」 を選択して、 IBM Cloud カタログ または Cloud Pak for Data as a Serviceのサービス・カタログ内の各サービス・ページを表示します。 Cloud Pak for Data のライセンスと、必要な各サービスを購入します。 Cloud Pak for Dataを参照してください。
セキュリティー、コンプライアンス、および分離 Cloud Pak for Data as a Service のデータ・セキュリティー、ネットワーク・セキュリティー、セキュリティー標準コンプライアンス、および分離は、IBM Cloudによって管理されます。 追加のセキュリティーと暗号化のオプションをセットアップできます。 Cloud Pak for Data as a Service のセキュリティーを参照してください。 Red Hat OpenShift Container Platform には、基本的なセキュリティー機能が用意されています。 Cloud Pak for Data は、さまざまなプライバシーおよびコンプライアンスの規制について評価され、さまざまなプライバシーおよびコンプライアンスの評価に備えて使用できる機能を提供します。 追加のセキュリティー機能、暗号化、およびネットワーク分離は、お客様の責任で行ってください。 セキュリティーに関する考慮事項を参照してください。
使用可能なサービス ほとんどのデータ・ファブリック・サービスは、両方のデプロイメント環境で使用可能です。
『Cloud Pak for Data as a Service のサービス』を参照してください。
その他の多くのサービスが含まれています。 Cloud Pak for Data 4.5 のサービスを参照してください。
ユーザー管理 IBM Cloud Identity and Access Management を使用して、ユーザーおよびユーザー・グループを追加し、アカウントの役割と権限を管理します。 『アカウントへのユーザーの追加』を参照してください。
IBM Cloud で SAML フェデレーションをセットアップすることもできます。 IBM Cloud 資料『IBM Cloud Identity and Access Management とは何ですか?』を参照してください。
管理メニューから、ユーザーの追加およびユーザー・グループの作成を行うことができます。 ID およびパスワードの管理に、ID およびアクセス管理サービスを使用することも、既存の SAML SSO または LDAP プロバイダーを使用することもできます。 動的な属性ベースのユーザー・グループを作成できます。 ユーザー管理を参照してください。

サービス間の共通機能

プラットフォームで提供される以下の機能は、 Cloud Pak for Data as a Service、 Cloud Pak for Data 3.5、および Cloud Pak for Data 4.5 上のサービスと実質的に同じです。

  • プラットフォーム全体での資産および成果物のグローバル検索
  • プラットフォーム全体で接続を共有するためのプラットフォーム資産カタログ
  • プラットフォーム全体のコラボレーション・ワークスペース内での役割ベースのユーザー管理
  • 資産およびワークスペースの共通インフラストラクチャー
  • サービスを追加するためのサービス・カタログ
  • 管理メニューからコンピュート使用量を表示します

以下の表では、 Cloud Pak for Data as a Service と Cloud Pak for Data 3.5 および 4.5 の間のサービスの機能の違いについて説明します。

機能 Cloud Pak for Data as a Service Cloud Pak for Data
更新されたプロジェクト・エクスペリエンス 4.5 以降で使用可能
すべてのプロジェクトの管理 使用不可 「プロジェクトの管理」 権限を持つユーザーは、 「管理」 役割を持つ任意のプロジェクトに参加して、そのプロジェクトを管理または削除できます。
リモート・データ・ソースへの接続 サポートされるほとんどのデータ・ソースは、両方のデプロイメント環境に共通です。
『サポートされる接続』を参照してください。
サポートされるデータ・ソースを参照してください。
個人または共有の接続資格情報 プロジェクトおよびカタログ内の接続では、個人の資格情報の要求や、共有資格情報の許可が可能です。 共有資格情報は、アカウント・レベルで無効にすることができます。 プラットフォーム接続では、個人の資格情報の要求や、共有資格情報の許可が可能です。 共有資格情報は、プラットフォーム・レベルで無効にすることができます。
ボールト内のシークレットからの接続資格情報 使用不可
ギャラリーからのサンプル資産およびプロジェクト 使用不可
データへのアクセス要求 使用不可

Watson Studio

以下の Watson Studio 機能は、 Cloud Pak for Data as a Service、 Cloud Pak for Data 3.5、および Cloud Pak for Data 4.5 で実質的に同じです。

  • プロジェクトでのコラボレーション
  • プロジェクト ZIP ファイルを使用したプロジェクトのインポートおよびエクスポート
  • Jupyter Notebook
  • ジョブ・スケジュール
  • Data Refinery

この表では、複数のデプロイメント環境における Watson Studio サービスの機能の違い、オファリング・プラン間の違い、および追加のサービスが必要かどうかについて説明します。 Cloud Pak for Data as a Service のオファリング・プラン間の機能の違いについて詳しくは、『Watson Studio オファリング・プラン』を参照してください。

機能 Cloud Pak for Data as a Service Cloud Pak for Data
プロジェクトの作成 作成:
空のプロジェクト
ギャラリー内のサンプルからのプロジェクト
ファイルからのプロジェクト
作成:
空のプロジェクト
ファイルからのプロジェクト
Git 統合を持つプロジェクト
Git の統合 GitHub
でノートブックを Gist として公開する
プロジェクトを Git
と統合して、あるプロジェクト内のリポジトリーに資産を同期し、それらの資産を別のプロジェクトで使用します。
拡張 Git 操作用のプロジェクト端末 使用不可 デフォルトの Git 統合を使用するプロジェクトで使用可能
JupyterLab 使用不可 Git 統合を使用するプロジェクトで使用可能
RStudio Git と統合できません Git と統合できます。 RStudio Server with R サービスが必要です。
Python スクリプト 使用不可 JupyterLab で Python スクリプトを処理します。 Jupyter Notebook with Python または Jupyter Notebooks with R サービスが必要です。
プログラムによるプロジェクト資産へのアクセス Python および R の場合はproject-libを使用します。 Python および R (project-libの後継) にはibm-watson-studio-libを使用します。
フライト・サービスを使用してノートブックのコードに挿入 使用不可
ノートブック・ライフサイクルの管理 使用不可 ノートブック・ライフサイクル管理のための CPDCTL の使用
コード・パッケージ資産 (フォルダー構造内の従属ファイルのセット) 使用不可 CPDCTL を使用してデプロイメント・スペースにコード・パッケージ資産を作成します
スペースへのノートブックのプロモート 使用不可 プロジェクトの「資産」ページから手動で使用することも、CPDCTL を使用してプログラムで使用することもできます。
GPU 付き Python 単一の GPU タイプ (Nvidia K80) でのみサポートされています。 複数の Nvidia GPU タイプでサポートされています。 Python with GPU サービスを備えた Jupyter Notebook が必要です。
カスタム・イメージの作成と使用 使用不可 Python (GPU を使用する場合と使用しない場合)、R、 JupyterLab (GPU を使用する場合と使用しない場合)、RStudio、および SPSS 環境用のカスタム・イメージの作成
Anaconda Repository 使用不可 カスタム環境およびカスタム・イメージを作成するために使用します
Hadoop 統合 使用不可 モデルを作成してトレーニングし、Hadoop クラスター上で Data Refinery フローを実行します。 Execution Engine for Apache Hadoop サービスが必要です。
Decision Optimization Decision Optimization サービスが必要です。
SPSS Modeler SPSS Modeler サービスが必要です。
ダッシュボード Cognos Dashboard Embedded サービスが必要です。 Cognos Dashboards サービスが必要です。

Watson Machine Learning

以下の Watson Machine Learning 機能は、 Cloud Pak for Data as a Service、 Cloud Pak for Data 3.5、および Cloud Pak for Data 4.5 で実質的に同じです。

  • デプロイメント・スペースでのコラボレーション
  • モデルのデプロイ
  • 関数のデプロイ
  • Watson Machine Learning REST API
  • Watson Machine Learning Python クライアント
  • バッチ・デプロイメント・ジョブの作成
  • オンライン・デプロイメントの作成
  • デプロイメントのスケーリングと更新
  • カスタム・コンポーネントの定義と使用
  • Federated Learning を使用して、別個のセキュアなデータ・ソースを持つ共通モデルをトレーニングします。
  • 複数のスペースにおけるデプロイメントのモニター

この表では、複数のデプロイメント環境における Watson Machine Learning サービスの機能の違い、オファリング・プランの違い、および追加のサービスが必要かどうかについて説明します。 Cloud Pak for Data as a Service のオファリング・プラン間の機能の違いについて詳しくは、『Watson Machine Learning オファリング・プラン』を参照してください。

Watson Machine Learning デプロイメント間の機能の違い
機能 Cloud Pak for Data as a Service Cloud Pak for Data
AutoAI トレーニング入力 現行の サポートされるデータ・ソース リリースごとの サポートされるデータ・ソース の変更
AutoAI エクスペリメントのコンピュート構成 8 CPU および 32 GB 使用可能なサイズの違い
AutoAI データ・サイズの制限
および予測ターゲットの数
制限の設定 制限は計算構成によって異なります
AutoAI : データ代入 4.5.2 以降で使用可能
AutoAI 公平性評価 4.5.2 以降で使用可能
AutoAI の時系列サポート機能
一般的なフレームワーク
およびソフトウェア仕様を使用したデプロイ
最新のサポート対象バージョンを確認します サポート対象バージョンはリリースによって異なります。
バッチ・デプロイメント用のデータベースへの接続 デプロイメント・タイプによるサポートを確認します。 デプロイメント・タイプ
によるサポートおよびバージョンによるサポートを確認します
Python スクリプトのデプロイとスコアリング Python クライアントを介して使用可能 JupyterLab または Python クライアントでスクリプトを作成してから、デプロイします。
R スクリプトのデプロイとバッチ・スコア 使用不可 使用可能
Shiny アプリのデプロイ 使用不可 Shiny アプリの作成とデプロイ
4.5 以降のコード・パッケージからのデプロイ
公平性、バイアス、またはドリフトについてジョブを評価 Watson OpenScale が必要 Watson OpenScale が必要
制御スペースの作成 ロールによる制限なし スペースを表示および作成できるユーザーを制御するために許可を使用します
オンライン・デプロイメントをテストするためのフォームの更新
GIT プロジェクトからスペースへのインポート 使用不可 4.5 以降で使用可能
Git プロジェクトからスペースに
をインポートするときに自動的に作成されるコード・パッケージ
使用不可 4.5 以降で使用可能
コード・パッケージからの RShiny アプリの更新 使用不可
モデル・インベントリー内のモデル詳細の追跡 ライフサイクルの詳細を含むファセットを表示するためのモデルの登録 4.5 以降で使用可能
カスタム・イメージの作成と使用 使用不可 Python または SPSS 用のカスタム・イメージの作成
パイプライン・イベントについてコラボレーターに通知する 使用不可 4.5 以降、「メールの送信」を使用してコラボレーターに通知する
ネストされたパイプラインの使用 使用不可 4.5.2 以降で使用可能
空でないスペースへのプロジェクトまたはスペース・ファイルのインポート 使用不可 4.0.6 以降で使用可能
ディープ・ラーニング・エクスペリメント 使用不可 Watson Machine Learning Accelerator サービスが必要
IBM Cloud サービス・インスタンスのプロビジョンと管理 Watson Machine Learning
または Watson OpenScale のインスタンスを追加します。
サービスは、管理者によってクラスター
にプロビジョンされます。


Watson Knowledge Catalog

以下の Watson Knowledge Catalog 機能は、 Cloud Pak for Data as a Service、 Cloud Pak for Data 3.5、および Cloud Pak for Data 4.5 で実質的に同じです。

  • カタログ内の AI を活用した検索と推奨事項
  • カタログ内の資産の評価およびレビュー
  • プロジェクトおよびカタログでのコラボレーション
  • プロジェクトの Data Refinery ツール
  • コラボレーター役割を持つカテゴリー
  • 事前定義分類およびカスタム分類
  • 事前定義データ・クラスとカスタム・データ・クラス
  • ガバナンス・ルール
  • ポリシー
  • データ保護ルール
  • プロジェクトまたはカタログ内の個々のリレーショナル・データ資産の手動プロファイル作成
  • 管理対象カタログに追加されたリレーショナル・データ資産の自動プロファイル作成
  • カスタム資産タイプ、資産のカスタム属性、およびカタログ内の資産間のカスタム関係

この表では、複数のデプロイメント環境における Watson Knowledge Catalog サービスの機能の違い、オファリング・プランの違い、および追加のサービスが必要かどうかについて説明します。 Cloud Pak for Data as a Service のオファリング・プラン間の機能の違いについて詳しくは、『Watson Knowledge Catalog オファリング・プラン』を参照してください。

機能 Cloud Pak for Data as a Service Cloud Pak for Data
非構造化データのプロファイル作成 プロジェクトまたはカタログに追加された個々の資産の自動プロファイル作成。 ありません。
プロジェクト内の Metadata import ・ツール-検出 データ資産をプロジェクトまたはカタログにインポートします。 プロジェクトおよびカタログ接続のサブセットのサポート。 メタデータ・インポートおよびメタデータ・エンリッチでサポートされるデータ・ソースを参照してください。 データ資産をプロジェクトまたはカタログにインポートします。 サポートされるほとんどの接続は、両方のデプロイメント環境で同じです。 メタデータ・インポートおよびメタデータ・エンリッチでサポートされるデータ・ソースを参照してください。
プロジェクト内の Metadata import ・ツール-リネージュ ありません。 カタログのみにインポートします。 ライセンス・キーを使用して MANTA Automated Data Lineage をインストールする必要があります。 カタログ接続のサブセットのサポート。 メタデータ・インポートおよびメタデータ・エンリッチでサポートされるデータ・ソースを参照してください。
レガシー UI を使用したメタデータ・インポート ありません。 代わりに、プロジェクトでメタデータ・インポートを使用してください。 IBM InfoSphere DataStage、 QualityStage Designer、およびメタデータ交換サーバーが必要です。 プロジェクトでメタデータ・インポートとして別の接続セットをサポートします。 Metadata import connectors および Metadata import ブリッジを参照してください。
高度なデータ・キュレーション・ツール ありません。 代わりに、メタデータ・インポート・ツールとメタデータ・エンリッチ・ツールを使用してください。 自動化されたディスカバリー・プロジェクトと品質プロジェクトを処理しますが、メタデータ・インポート・ツールとメタデータ・エンリッチ・ツールを使用することをお勧めします。
プロジェクト内のメタデータ・エンリッチ・ツール 大規模なデータ資産セットに対してプロファイル作成、用語割り当て、および品質分析を実行します。 4.5 で使用可能。
用語の自動割り当て メタデータ・エンリッチ・ツールで使用できます。 メタデータ・エンリッチ・ツールで使用できます。 自動ディスカバリーではオプションです。
データ品質スコア データ品質スコアは、
「プロジェクトおよびカタログ内の資産プロファイル」
のメタデータ・エンリッチ結果に表示されます。
データ品質スコアは、以下の場所に表示されます。
分析プロジェクトおよびカタログ内のアセット・プロファイル
メタデータ・エンリッチ結果
クイック・スキャン結果
データ品質プロジェクト
データ品質分析 メタデータ・エンリッチ・ツールで実行します。 自動ディスカバリー・ジョブ、データ・ルールを使用した品質プロジェクト、またはメタデータ・エンリッチ・ツールで実行します。
プロジェクトでのデータ品質 ありません。 分析プロジェクトでデータ品質ルールを作成して実行します。 3.5 では使用できません。
資産のアクティビティー 有料プランが必要です。
プロジェクトおよびカタログで使用可能です。
プロジェクトおよびカタログで使用できます。
情報資産ビュー 使用不可 追加のプロパティーおよび情報を表示するための、デフォルト・カタログの別個のビュー。
データ・リネージュ 使用不可 情報資産ビューで使用できます。 カタログには表示されません。
4.5 のカタログで使用可能です。
技術データ系統 使用不可 4.5 以降で使用可能。 ライセンス交付を受けたバージョンの MANTA Automated Data Lineage for IBM Cloud Pak for Data がインストールされている必要があります。 メタデータ・インポート・ツールを実行して生成されます。 カタログからアクセスできます。
関係グラフ ありません。 情報資産ビューから使用できます。 カタログには表示されません。
4.5 では使用できません。
ビジネス用語 一部のプランの制限。
データ・プライバシーを使用してプロジェクトでマスクされたデータ・セットを提供します 3.5 では使用できません。
参照データ・セット プランごとの制限。
成果物、カテゴリーのカスタム属性 Watson Data API で作成します。 「管理」メニューから、または Watson データ API で作成します。
成果物のカスタム関係 有料プランが必要です。
Watson Data API を使用して作成します。
「管理」メニューから、または Watson データ API で作成します。
Knowledge Accelerators エンタープライズ・プランが必要です。
ギャラリーからダウンロードします。
3.5 のコミュニティーからダウンロードします。
4.5 で提供されますが、明示的にロードする必要があります。
ガバナンス成果物および要求のカスタム・ワークフロー構成 ガバナンス成果物に使用できます。
ワークフロー・タスクのモニター 4.5 以降で使用可能
カスタム・カテゴリー・ロール プランごとの制限。
管理レポート 有料プランが必要です。 4.5 以降で使用可能。
InfoSphere Information Server からの資産の移行 ありません。

DataStage

以下の表では、 DataStage on Cloud Pak for Data as a Service と DataStage on Cloud Pak for Data 4.0.2 以降の機能の違いについて説明します。

機能 Cloud Pak for Data as a Service Cloud Pak for Data 4.0.2 以降
PX インスタンス管理 事前定義されたサイズのセットからインスタンスをプロビジョンできます。 Cloud Pak for Data インスタンス管理を使用することで、インスタンスをより柔軟にプロビジョンできます。
ジョブのコンパイル
  • OSH はコンパイル時に生成されます。
  • Transformer は実行時にコンパイルされます。
  • OSH はコンパイル時に生成されます。
  • Transformer はコンパイル時にコンパイルされ、/ds-storageマウントで使用できるようになります。
  • コンパイルは同期的に行われます。
ジョブ・ランタイム 適切に分離するために、各インスタンスは一度に 1 つのジョブのみを実行できます。
  • 同時ジョブ実行がサポートされます。
  • 並行性は、インスタンス容量と/px-storage/config/wlm.config.propertiesファイルの設定によって決まります。
資産の管理 タイプ .xls、.xlsx、.xml、および .json のファイルの場合、単純構造のみがサポートされます。 タイプ .csv、.txt、.xls、.xlsx、.xml、および .json のファイルの完全サポートが使用可能です。
ストレージ
  • POSIX タイプのファイル・ベースの実ストレージは使用できません。
  • ストレージは、Cloud Object Storage プロジェクト・バケットを使用してエミュレートされます。
Java Integration ステージ 使用不可
汎用 JDBC 接続 使用不可
Excel 使用不可
AVI 使用不可
External Source ステージ 使用不可
External Target ステージ 使用不可
階層型ステージ
  • XML パーサーおよび JSON パーサーの単一ファイルまたはファイル・セット・オプションは使用できません。
  • XML コンポーザーおよび JSON コンポーザーでは、単一ファイル、ファイル・セット、およびラージ・オブジェクトのオプションは使用できません。
MPP および SMP S、M、L は単一ノード、SMP 構成です。 MPP-S、MPP-M、MPP-L は複数ノード、MPP 構成です。 デフォルトでは、MPP 構成のみが使用可能です。 並列ワークロードは、APT_CONFIG_FILE オプションを使用して構成されている論理区画を介して管理されます。
SAP Bulk Extract 接続 使用不可 4.5 で使用可能
SAP Delta Extract 接続 使用不可 4.5 で使用可能
ラッピング・ ステージ 使用不可 4.5 で使用可能
SAP HANA 接続 使用不可
ODBC 接続のテキスト・データ・ソース 使用不可
ビルド・ ステージ 使用不可 4.0.9 で使用可能
BEFORE/AFTER ジョブ・サブルーチンを使用してレポートを送信する 使用不可 4.5.2 で使用可能
Watson Studio Pipelines へのネストされたシーケンス・ジョブのマイグレーション 使用不可 4.5.2 で使用可能
カスタム・ステージ 使用不可 4.5.2 で使用可能
Apache HBase 接続 使用不可 4.5.2 で使用可能
Apache Hive 接続用の Kerberos 認証 使用不可 4.5.2 で使用可能
ユーザー定義関数 使用不可
変更前/変更後ジョブのプロパティー 使用不可

Watson OpenScale

以下の Watson OpenScale 機能は、 Cloud Pak for Data as a Service、 Cloud Pak for Data 3.5、および Cloud Pak for Data 4.5 で実質的に同じです。

  • 公平性についてのデプロイメントの評価
  • デプロイメントの品質の評価
  • ドリフトについてデプロイメントをモニター
  • 「洞察」ダッシュボードでのモデル結果の表示と比較
  • 任意の機械学習プロバイダーからデプロイメントを追加します
  • 評価が指定のしきい値を下回った場合にトリガーするようにアラートを設定
  • ユーザー・インターフェースまたはノートブックでのデプロイメントの評価

この表では、複数のデプロイメント環境における Watson OpenScale サービスの機能の違い、オファリング・プランの違い、および追加のサービスが必要かどうかについて説明します。

機能 Cloud Pak for Data as a Service Cloud Pak for Data
事前スコア・テスト・データのアップロード 使用不可 4.0.7 以降で使用可能
モデル・ファセット・シートでの評価に関する詳細の表示 4.5 以降で使用可能
IBM SPSS Collaboration and Deployment Services 使用不可
バッチ処理 使用不可
ユーザー・グループによるアクセス制御のサポート 使用不可
無料のデータベースおよび Postgres プラン 使用不可
複数インスタンスのセットアップ 使用不可
カスタムの評価と評価指標 4.5 以降で使用可能

Watson Query および Data Virtualization

Cloud Pak for Data as a Service では、データ仮想化機能は Watson Query サービスによって提供されます。 Cloud Pak for Data では、Data Virtualization サービスによって同じ機能が提供されます。 以下の Data virtualization 機能は、 Cloud Pak for Data as a Service と Cloud Pak for Data 4.0 で実質的に同じです。

  • サポートされるデータ・ソースへの接続
  • データの仮想化
  • ポリシーおよびデータ保護ルールを使用した仮想データの管理
  • サービスの監視および探索
  • SQL インターフェースの使用
  • キャッシング

以下のデータ仮想化機能は、ユーザー・インターフェースでは異なりますが、同じ基本機能を提供します。

この表では、 Watson Query on Cloud Pak for Data as a Service と Data Virtualization on Cloud Pak for Data の機能の違いについて説明します。

機能 Cloud Pak for Data as a Service Cloud Pak for Data
Watson Knowledge Catalog との統合 必須 オプション
グループ・ベースの許可およびグループのオブジェクト・レベル・アクセス 使用不可
リモート・コネクターのサポート SaaS には適用されません
ファイル・システム・ベースのデータ・ソースのサポート ( Cloud Object Storage を除く) SaaS には適用されません
アップロードされた JDBC ドライバーを必要とするデータ・ソース (例えば、 SAP HANA、汎用 JDBC ) への接続 SaaS には適用されません
ユーザー・インターフェースでの統計の収集 使用不可
オブジェクト仮想化中の自動統計収集 使用不可
列マスキング
ビューの探索と表の再ロード 4.5 で使用可能
統計収集でのデータ・サンプリング 4.5 で使用可能
行レベル・ポリシーを使用したデータ管理のサポート 使用不可 4.5 で使用可能
メタデータのエンリッチメント 4.5 で使用可能
データ保護ルールのキャッシング 使用不可 4.5 で使用可能
複数グループのアクセス管理 使用不可 4.5 で使用可能

もっと見る

親トピック: Cloud Pak for Data as a Service