0 / 0
資料の 英語版 に戻る
クイック・スタート: ダッシュボードを使用してストーリーを作成する

クイック・スタート: ダッシュボードを使用してストーリーを作成する

対話式ダッシュボードを作成して共有することにより、コーディングせずにデータに関するストーリーを伝えることができます。 ダッシュボード・エディターについて読んでから、ビデオを見て、初心者向けのチュートリアルを受けます。コーディングは必要ありません。

必須のサービス
Watson Studio
Cognos Dashboard Embedded

基本的なワークフローには、以下のタスクが含まれます:

  1. プロジェクトを作成する プロジェクトは、データを処理するために他のユーザーと共同作業できる場所です。
  2. データをプロジェクトに追加します。 接続を介してリモート・データ・ソースからの CSV ファイルまたはデータを追加できます。
  3. ダッシュボード・エディターを使用してダッシュボードを作成します。 Cognos Dashboard Embedded サービスを持っていない場合は、無料で作成することができます。
  4. ダッシュボードにデータを追加し、グラフを作成します。
  5. ダッシュボードを読み取り専用 Web ページとして他のユーザーと共有します。

ダッシュボードについて読む

ダッシュボードを使用すると、分析結果の高度な視覚化を作成し、データから発見した洞察をダッシュボード上で伝えることができます。 ダッシュボード・エディターは、基幹業務ユーザーがパターンおよび洞察のデータの調査を開始するためのグラフィカル・ビルダーを提供します。 ユーザーは、データを探索して洞察を得るために、コーディングや SQL を理解する必要はありません。 URL リンクを使用して、組織内外の他のユーザーと結果を共有できます。 代わりに、このダッシュボードをデータ・サイエンティストに渡して、詳細な分析や予測モデリングを依頼することもできます。

ダッシュボードについての詳細

ダッシュボードの作成に関するビデオを見る

ビデオを見る このビデオを見て、ダッシュボードを作成し、カスタマイズされた視覚化でデータを表示して使用し、ダッシュボードを保存して共有する方法を確認してください。

このビデオは、本書の概念とタスクを学習するためのビジュアル・メソッドを提供します。


ダッシュボードを作成するためのチュートリアルをお試しください

このチュートリアルでは、以下のタスクを実行します:

このチュートリアルを完了するための所要時間は約 30 分です。




  • ビデオ・ピクチャー・イン・ピクチャーの使用

    ヒント: ビデオを開始してから、チュートリアルをスクロールすると、ビデオはピクチャー・イン・ピクチャー・モードに移行します。 ピクチャー・イン・ピクチャーを最大限に活用するには、ビデオの目次を閉じます。 ピクチャー・イン・ピクチャー・モードを使用して、このチュートリアルのタスクを完了する際にビデオをフォローすることができます。 後続の各タスクのタイム・スタンプをクリックします。

    以下のアニメーション・イメージは、ビデオ・ピクチャー・イン・ピクチャーおよび目次機能の使用方法を示しています。

    ピクト・イン・ピクチャーおよび章の使用法

    コミュニティーでのヘルプの利用

    このチュートリアルでヘルプが必要な場合は、 Cloud Pak for Data コミュニティー・ディスカッション・フォーラムで質問したり、回答を見つけたりすることができます。

    ブラウザー・ウィンドウのセットアップ

    このチュートリアルを最適に実行するには、1 つのブラウザー・ウィンドウで Cloud Pak for Data を開き、このチュートリアル・ページを別のブラウザー・ウィンドウで開いたままにして、2 つのアプリケーションを簡単に切り替えることができます。 2 つのブラウザー・ウィンドウを横並びに配置して、見やすくすることを検討してください。

    横並びのチュートリアルと UI

    ヒント: ユーザー・インターフェースでこのチュートリアルを実行しているときにガイド・ツアーが表示された場合は、 「後で行うこともあります」をクリックします。

    上に戻る


  • ダッシュボードを保管するには、プロジェクトが必要です。 以下の手順に従って、既存のプロジェクトを開くか、新規プロジェクトを作成し、 Cognos Dashboard Embedded サービスをプロジェクトに関連付けます。

    1. Cloud Pak for Data ナビゲーション・メニュー ナビゲーション・メニューから、 「プロジェクト」>「すべてのプロジェクトを表示」 を選択します。

    2. 既存のプロジェクトをを持っている場合は、それを開きます。

    3. 既存のプロジェクトがない場合は、 「新規プロジェクト」をクリックします。

    4. 「空のプロジェクトの作成」を選択します。

    5. プロジェクトの名前と説明 (オプション) を入力します。

    6. 既存の オブジェクト・ストレージ・サービス・インスタンス を選択するか、または新規作成します。

    7. 「作成」 をクリックします。

    8. プロジェクトが開いたら、 「管理」 タブをクリックし、 「サービスと統合」 ページを選択します。

    9. IBM サービス」 タブで、 「サービスの関連付け」をクリックします。

    10. Cognos Dashboard Embedded サービス・インスタンスがまだプロビジョンされていない場合は、 新規サービスをクリックし、 Cognos Dashboard Embeddedを選択して、 作成をクリックしてください。

    11. Cognos Dashboard Embedded インスタンスを選択し、 サービスの関連付けをクリックしてください。

    12. 「キャンセル」 をクリックして、 「サービス」&「統合」 ページに戻ります。

    詳しくは、またはビデオを視聴するには、 プロジェクトの作成を参照してください。
    関連付けられたサービスについて詳しくは、 関連付けられたサービスの追加を参照してください。

    チェックポイント・アイコン 進行状況を確認してください

    以下の画像は、新しい空のプロジェクトを示しています。

    以下のイメージは、新しい空のプロジェクトを示しています。


    上に戻る


  • このチュートリアルで使用するデータ・セットは、リソース・ハブで使用可能です。 データ資産をプロジェクトに追加するには、以下の手順を実行します。

    1. リソース・ハブ内の ベーカリーおよび気象データ にアクセスします。

    2. 新規資産をクリックしてください。

    3. リストからプロジェクトを選択し、 「追加」をクリックします。

    4. データ・セットが追加されたら、 プロジェクトの表示をクリックしてください。 資産タブにデータ・セットが表示されます。

    リソース・ハブからプロジェクトへのデータ資産の追加について詳しくは、 ノートブックでのデータのロードおよびアクセスを参照してください。

    チェックポイント・アイコン 進行状況を確認してください

    以下の画像は、プロジェクト内のデータ資産を示しています。

    以下のイメージは、プロジェクト内のデータ資産を示しています。


    上に戻る


  • プレビュー・チュートリアル・ビデオ このタスクをプレビューするには、 01:22から始まるビデオをご覧ください。

    以下の手順に従って、ダッシュボードを作成し、ダッシュボードのデータ・ソースを選択します。

    1. プロジェクトから、 「新規資産」> 「ダッシュボード・エディター」をクリックしてください。

    2. 新規ダッシュボードの名前を指定してください。

    3. リストから Cognos Dashboard Embedded サービス・インスタンスを選択してください。

    4. 「作成」 をクリックします。

    5. タブ付きテンプレート セクションで、3 つのセクションに分割されている 2 over 1 レイアウト・アイコンを選択し、 OKをクリックしてください。

    6. 選択されたソース パネルで、 ソースの追加 + (正符号) をクリックしてください。

    7. データ資産を選択し、 Bakery and weather data.csvを選択します。

    8. 「選択」をクリックします。

    チェックポイント・アイコン 進行状況を確認してください

    以下の画像は、空のダッシュボードを示しています。

    以下のイメージは、空のダッシュボードを示しています。


    上に戻る


  • プレビュー・チュートリアル・ビデオ このタスクをプレビューするには、 02:07から始まるビデオをご覧ください。

    ダッシュボードの最初のタブに視覚化を追加するには、以下の手順を実行します。

    1. 選択されたソース パネルで、CSV ファイル・ソース Bakery and weather data.csv をクリックして展開し、データ・セットのすべての列を表示します。

    2. 図 1: トランザクション数 という単一の列をダッシュボードの左上のセクションの中央にドラッグしてください。

    3. 図 2: 複数の列を選択することもできます。 キーボードの Ctrl を押したまま、 トランザクション数売上 (米ドル)、および 商品グループ をクリックして 3 つのデータ列をすべて選択し、選択した列をダッシュボードの下部セクションの中央にドラッグしてください。 ダッシュボード・サービスは、選択したデータを表示する最良の方法を決定します。

    4. プロパティー をクリックして、色やラベルなど、グラフのビジュアル・プロパティーをカスタマイズします。

    5. 図 3: シーズン 列をダッシュボードの最後の空のセクションの中央にドラッグしてください。 リストから別の季節を選択すると、ダッシュボードの他のセクションが変更されます。

    6. タブ 1をダブルクリックし、タブの名前を Main Dash に変更します。

    チェックポイント・アイコン 進行状況を確認してください

    以下の画像は、完了した「メイン・ダッシュ」タブを示しています。

    以下の画像は、完成した「メイン・ダッシュ」タブを示しています。


    上に戻る


  • プレビュー・チュートリアル・ビデオ このタスクをプレビューするには、 03:45から始まるビデオをご覧ください。

    ダッシュボードの 2 番目のタブに視覚化を追加するには、以下の手順を実行します。

    1. 新規タブの追加 アイコンをクリックして、2 番目のタブを作成します。

    2. 開いたペインで、4 つのセクションに分割されている 2 × 2 のテンプレート・アイコンを選択し、 OKをクリックしてください。

    3. 図表 1: 季節ごとの各プロモーションのトランザクション数を示す棒グラフを作成します。

      1. 視覚化 アイコンをクリックすると、視覚化パネルが表示されます。

      2. ダッシュボードの空のセクションの中央に バー アイコンをドラッグして、空の棒グラフを作成します。 右側に フィールド パネルが表示されます。

      3. Bakery and weather data.csv 内の以下のデータ列を、 フィールド パネル内のそれぞれのフィールドにドラッグします:

        1. シーズン 列を 棒グラフ フィールドにドラッグします。

        2. トランザクション数 列を 長さ フィールドにドラッグしてください。

        3. プロモーション 列を フィールドにドラッグしてください。

    4. グラフ 2: 特定の月のドル値に対するトランザクション数を示す散布グラフを作成します。

      1. 視覚化 アイコンをクリックすると、視覚化パネルが表示されます。

      2. 散布図 アイコンをダッシュボードの空のセクションの中央にドラッグして、空の散布グラフを作成します。 右側に フィールド パネルが表示されます。

      3. Bakery and weather data.csv 内の以下のデータ列をそれぞれのフィールドにドラッグしてください:

        1. トランザクション数 列を x-axis フィールドにドラッグしてください。

        2. 売上 (米ドル) 列を y-axis フィールドにドラッグしてください。

        3. 列を ポイント フィールドにドラッグしてください。

    5. グラフ 3: 積み上げ縦棒グラフを作成して、季節が商品グループの売上に与える影響についての洞察を得ます。

      1. 視覚化 アイコンをクリックすると、視覚化パネルが表示されます。

      2. ダッシュボードの空のセクションの中央に 積み上げ縦棒グラフ アイコンをドラッグして、空の積み重ね縦棒グラフを作成します。 右側に フィールド パネルが表示されます。

      3. Bakery and weather data.csv 内の以下のデータ列をそれぞれのフィールドにドラッグしてください:

        1. 製品グループ 列を バー フィールドにドラッグしてください。

        2. 売上 (米ドル) 列を 長さ フィールドにドラッグしてください。

        3. シーズン 列を フィールドにドラッグしてください。

      4. 積み上げ縦棒グラフを変更して、各季節の売上の平均数を表示します。

        1. フィールド パネルで、 売上 (米ドル)の横にある 3 つのドットをクリックしてください。

        2. 開いたコンテキスト・メニューで、 「要約」>「平均」をクリックしてください。 代わりにコンテキスト・メニューで 計算 をクリックして、独自の計算を作成することもできます。

    6. 図 4: 都道府県の取引件数を空間的にを視覚化するマップを作成してください。

      1. キーボードの Ctrl を押したまま、 トランザクション数都道府県 をクリックして選択します。

      2. 選択したデータ列をダッシュボードの最後の空のセクションの中央にドラッグしてください。 ダッシュボード・サービスは、選択したデータを表示する最良の方法を決定します。 右側に フィールド パネルが表示されます。

      3. プロパティーをクリックし、 可視化 タブで、凡例を削除して自動ズームを無効にすることで、マップの外観をカスタマイズします。

        1. 凡例 セクションで、 凡例の表示 トグルを選択してオフにします。

        2. チャート セクションで、 自動ズーム トグルを選択してオフにします。

      4. 視覚化のプロパティー パネルの 一般 タブをクリックして、タイトルを追加します。

        1. 外観 セクションで、 タイトルの表示 トグルを選択してオンにします。

        2. マップに付けるタイトルを入力してください。

    7. テーマや背景色など、ダッシュボード全体のテーマを変更できます。

      1. ダッシュボード・ペインの任意の場所にある空白スペースをクリックして、グラフを選択解除します。

      2. ダッシュボード・プロパティー パネルで、 色とテーマ セクションを展開し、 ビジュアル・テーマ ドロップダウン・ボックスで ダーク を選択してください。

    チェックポイント・アイコン 進行状況を確認してください

    以下の画像は、完了したタブを示しています。

    以下の画像は、完成したタブを示しています。


    上に戻る


  • プレビュー・チュートリアル・ビデオ このタスクをプレビューするには、 05:49から始まるビデオをご覧ください。

    各タブのすべての視覚化と対話するには、以下の手順を実行します。 デフォルトでは、1 つのタブ内のすべての視覚化がリンクされます。

    1. 散布グラフのいずれかのデータ・ポイントをクリックしてください。 残りのグラフは、選択したポイントに応じて変更する必要があります。

    2. いずれかのグラフの右上隅にあるフィルター・アイコンをクリックすると、適用されているフィルターが表示されます。

    3. 削除する各フィルターの削除アイコンをクリックし、すべてのフィルターをクリアします。

    4. ユーザーが対話するフィルターを作成するには、データの列を すべてのタブ フィルター・ペインまたは このタブ フィルター・ペインにドラッグします。

      • すべてのタブ フィルター・ペインのフィルターは、すべてのタブで使用できます。

      • このタブ フィルター・ペインのフィルターは、選択した現在のタブでのみ使用できます。

        1. 天気 データを すべてのタブ フィルター・ペインにドラッグします。

        2. タブ 1 が選択されていることを確認し、 シーズン データを このタブ フィルター・ペインにドラッグします。

    5. タブ 1をダブルクリックし、名前を Custom charts に変更します。

    チェックポイント・アイコン 進行状況を確認してください

    以下の画像は、完成したダッシュボードを示しています。

    以下のイメージは、完了したダッシュボードを示しています。


    上に戻る


  • プレビュー・チュートリアル・ビデオ このタスクをプレビューするには、 06:45から始まるビデオをご覧ください。

    ダッシュボード共有を有効にして、他のユーザーにダッシュボードへのリンクを提供するには、以下の手順を実行します。

    1. 保存 アイコンをクリックして、ダッシュボードを保存します。

    2. 共有 アイコンをクリックしてください。

    3. 開いたウィンドウで、 リンクを持つすべてのユーザーに共有 トグルを選択してオンにします。 これにより、リンクを持つすべてのユーザーがダッシュボードをパブリックに表示できるようになります。

    4. リンクをコピーし、 閉じるをクリックしてください。

    5. ブラウザーの検索バーに URL を貼り付けて、その URL のダッシュボードを表示して対話します。

    チェックポイント・アイコン 進行状況を確認してください

    以下の画像は、共有ダッシュボードを示しています。

    以下のイメージは、共有ダッシュボードを示しています。


    上に戻る

次のステップ

これで、このデータ・セットをさらに分析するために使用できます。 例えば、ユーザーまたは他のユーザーは、以下のいずれかのタスクを実行できます:

その他のリソース

  • その他のビデオを探す。
  • Watson Studioを使用して、この追加チュートリアルを試すことで、ダッシュボードでの実践的な体験を向上させることができます。

親トピック: クイック・スタート・チュートリアル

生成 AI の検索と回答
これらの回答は、製品資料の内容に基づいて、 watsonx.ai のラージ言語モデルによって生成されます。 詳細