プロジェクト内の DataStage のリソース・オプションを計算します

DataStage ジョブを実行するには、 DataStage パラレル (PX) エンジンの環境テンプレートを選択する必要があります。 環境テンプレートは、ジョブを実行するための構成、仮想コアの数 (vCPU)、およびメモリーを指定します。 特定のジョブに対して異なる環境テンプレートを選択できます。

環境のタイプと場所

DataStage には、 DataStage PX エンジンという 1 つのランタイムがあります。 DataStage PX エンジンは、SMP または MPP のいずれかの環境タイプで実行できます。 どちらの環境タイプにも、S (小)、M (中)、および L (大) の構成があります。

DataStageでは、以下のタイプの環境を使用できます:

  • SMP 環境 (1 つのコンダクター)
  • MPP 環境構成 (1 つのコンダクター・ノードと 1 つ以上のコンピュート・ノード)

デフォルトの環境テンプレート

すぐに開始できるように、 DataStage PX エンジン・ランタイム環境用のプリロードされた環境テンプレートがお客様のプロジェクトに含まれています。 これらの環境テンプレートのいずれかを選択して、 IBM Cloudでジョブを実行できます。

コンピュート使用量はキャパシティー・ユニット時間 (CUH) によって追跡され、異なる環境では 1 時間当たりのキャパシティー・ユニットの使用率が異なります。

名前 ハードウェア構成 キャパシティー・ユニット/時 (CUH)
デフォルト DataStage PX S 1 コンダクター: 2 vCPU および 8 GB RAM 1
デフォルト DataStage PX M 1 コンダクター: 4 vCPU および 16 GB RAM 2
デフォルト DataStage PX L 1 コンダクター: 8 vCPU および 32 GB RAM 4
デフォルト DataStage PX (MPP) S 1 コンダクター: 1 vCPU and 4 GB RAM; 2 computes: 4 vCPU and 16 GB RAM 9
デフォルト DataStage PX (MPP) M 1 conductor: 1 vCPU and 4 GB RAM; 4 computes: 4 vCPU and 16 GB RAM 17
デフォルト DataStage PX (MPP) L 1 conductor: 1 vCPU and 4 GB RAM; 8 computes: 4 vCPU and 16 GB RAM 33

DataStage ジョブに使用されるキャパシティー・ユニット時間数は、環境のキャパシティー・ユニット・レーティングと、ランタイムがアクティブであった秒数に基づいています。

DataStage のランタイムは、処理が完了すると自動的に停止します。

プロジェクトのコンピュート使用量

環境 ページで、 DataStage サービスの CUH 使用量の合計月次量をモニターできます。

ランタイム・スコープ

選択したランタイム環境テンプレートは、選択したジョブに固有のものであり、その環境内の計算リソースは他の DataStage ジョブと共有されません。 また、ジョブに必要な環境を更新することにより、異なる環境構成で同じジョブを実行する柔軟性も得られます。

使用する環境を更新するには、以下のようにします:

  • フロー・キャンバスで、実行設定アイコンを選択し、使用する環境を選択します。
  • ジョブを選択し、ジョブ構成を編集し、「実行設定」タブで環境を変更します。

ランタイムの変更

ジョブ定義を編集することにより、 DataStage ジョブのランタイムを変更できます。 DataStage でのジョブの作成を参照してください。

詳細情報

親トピック: ツールのコンピュート・リソースの選択