Cloud Pak for Data as a Service 上の Watson Assistant

説明

Watson Assistant for IBM® Cloud Pak for Data as a Serviceを使用すると、AI を使用して、ブランド・アシスタントを構築し、任意のデバイス、アプリケーション、またはチャネルにデプロイできます。 アシスタントを、既に使用しているお客様サポート・リソースに接続して、魅力的で統一された問題解決のエクスペリエンスをお客様に提供します。

お客様は、既存のソーシャル・メディア・チャネルまたはユーザーが作成したクライアント・ユーザー・インターフェースを介してチャットボット (「アシスタント」とも言います) と対話します。 例えば、シンプルなチャット・ウィンドウやモバイル・アプリ、あるいは音声インターフェースを備えたロボットなどを実装します。 Watson Assistant API を使用して、ユーザー・インターフェースからこのサービスにメッセージを送信します。 このクライアント・インターフェース・アプリケーションは、IBM Cloud Pak for Data インフラストラクチャーの内側でも外側でもホストできます。

Watson Assistant サービスに付属する直感的なグラフィカル・ツールを使用して、お客様の固有のニーズやユース・ケースを取り込むトレーニング・データを作成します。 Watson Assistant はそのトレーニング・データを使用して、ユーザーのためにカスタマイズした機械学習モデルを生成します。 このモデルによってアシスタントがお客様からの要求を理解できるようになり、正しく回答できます。

アシスタントは、お客様からのメッセージを分析すると、そのメッセージを適切なスキルに送付します。

  • ダイアログ・スキルは、このユーザー入力を詳しく解釈してから、会話のフローを誘導します。 ダイアログは応答するために必要な情報やユーザーの代わりにトランザクションを実行するために必要な情報を収集します。 このスキルは、他の IBM サービスに接続するかユーザー独自のバックエンド・システムと対話することで、情報を抽出したり、ユーザーの意図や他の情報に基づいてトランザクションを実行したりすることができます。
  • 検索スキルは、お客様の複雑な問い合わせを IBM Watson™ Discovery for IBM® Cloud Pak for Data に送付します。 Watson Discovery は、ユーザー入力を検索照会として扱います。 照会に関連する情報が構成済みのデータ・ソースから検索され、返されるので、アシスタントは応答としてユーザーとその情報を共有できます。 Watson Assistant で検索スキルを使用するには、Watson Discovery サービスが必要です。

ユーザーが作成したスキルを活用して、アシスタントは単純な質問にも複雑な質問にも回答でき、場合によってはタスク (例えば、チケットのオープン、アカウント情報の更新、発注) も実行できます。

このサービスは、Cloud Pak for Data as a Service の外部の IBM Cloud で実行されるツールまたはその他のタイプのインターフェースを追加し、ノートブックで実行できる API を提供します。

  • 管理: サービスの管理と保守
  • 使用: サービスの処理
  • 開発: コードの作成とアプリケーションの作成
  • 作成: サービス・インスタンスの作成

統合サービス