0 / 0
資料の 英語版 に戻る
Watson OpenScale オファリングのプラン・オプション

Watson OpenScale オファリングのプラン・オプション

Watson OpenScale は、責任があり、透明性があり、説明可能な AI を実現します。

Watson OpenScale を使用して、以下を行うことができます。

  • 公平性、品質、ドリフトなどのディメンションについて機械学習モデルを評価します。
  • トランザクションを探索して、モデルに関する洞察を得ることができます。

Watson OpenScale レガシー・オファリング・プラン

重要:

Watson OpenScale のレガシー・オファリング・プランは、フランクフルト・リージョンでのみ使用可能です。 ダラス・リージョンでは、代わりに watsonx.governance プラン を使用できます。

Watson OpenScale Standard v2 プラン

Watson OpenScale は、モデルごとにユーザーに課金する標準 v2 プランを提供します。

標準 v2 インスタンスでは、ペイロード・データ、フィードバック行、または説明に制限や制限はありません。

リージョンの制限事項

一部の地域では Watson OpenScale を使用できません。 詳しくは、 サービスと機能の地域の可用性 を参照してください。

注:

すべてのサービスの地域の可用性は、 Cloud Pak for Data as a Service カタログにも記載されています。

割り当て量の限度

パフォーマンスの問題を回避し、リソースを効率的に管理するために、 Watson OpenScale は以下の割り当て量制限を設定します。

資産 制限
DataMart インスタンスあたり 100
サービス・プロバイダー インスタンスあたり 100
統合システム インスタンスあたり 100
サブスクリプション サービス・プロバイダーあたり 100
インスタンスのモニター サブスクリプションあたり 100

Watson OpenScale のすべての資産には、サービス・インスタンスごとに 10000 インスタンスの資産のハード制限があります。

Watson OpenScale 用の PostgreSQL データベース

Watson OpenScale インスタンスに PostgreSQL データベースを使用できます。 PostgreSQL は、強力なオープン・ソースのオブジェクト・リレーショナル・データベースであり、高度にカスタマイズ可能で、多くのセキュリティー標準に準拠しています。

モデルが個人情報 (PII) を処理する場合は、モデルに PostgreSQL データベースを使用します。 PostgreSQL は、以下に準拠しています。

  • GDPR
  • HIPAA
  • PCI-DSS、PCI-DSS
  • SOC 1 タイプ 2
  • SOC 2 タイプ 2
  • ISO 27001
  • ISO 27017
  • ISO 27018
  • ISO 27701 (国際標準規格)

次のステップ

Watson OpenScale サービスの管理

親トピック: watsonx.governance

生成 AI の検索と回答
これらの回答は、製品資料の内容に基づいて、 watsonx.ai のラージ言語モデルによって生成されます。 詳細