0 / 0
資料の 英語版 に戻る
Watson OpenScale のセットアップ

Watson OpenScale のセットアップ

IBM Watson OpenScaleをセットアップするために、データベースへの接続、アクセス・ポリシーの作成、およびユーザーと役割の管理を行うことができます。

始める前に

Watson OpenScaleをプロビジョニングした後、以下のセットアップを実行できます。

  1. 既存または新規のデータベースの接続
  2. アクセス・ポリシーの作成
  3. ユーザーと役割の管理

既存または新規のデータベースの接続

Watson OpenScale は、ライト・プラン用の無料データベースを提供します。あるいは、 Databases for PostgreSQL または Db2 データベースに接続できます。 標準の v2 プランを使用する場合は、既存のデータベースを使用するか、新規データベースを購入することをお勧めします。

既存または新規のデータベースを接続するには、以下のステップを実行します。

  1. Watson OpenScale ナビゲーション・メニューから、 「構成」 Watson OpenScale 構成アイコンをクリックします。
  2. 「データベース」 をクリックし、 データベース・タイプを選択します。 既存のデータベースが見つからない場合は、新規データベースを作成できます。 データベース・タイプとデータベース・ロケーションを入力するためのフィールドが表示された「データベースの選択 (Select your database)」画面

    無料のライト・プラン・データベースには、いくつかの重要な制限があります。

    • 無料のデータベースはホストされており、これに直接アクセスすることはできません。
    • Watson OpenScale には、データベースとデータに対する全アクセス権限があります。
    • データベースを再構成すると、 Watson OpenScale はデータを失います。
    • 無料のデータベースは GDPR に準拠していません。 モデルが個人情報を処理する場合は、新しいデータベースを購入するか、GDPR 準拠の既存のデータベースを使用する必要があります。
  3. データベースの場所を選択します。 IBM Cloud アカウントの外部でデータベースを接続するには、 「その他」 をクリックし、接続情報を指定します。
  4. データベース接続とすべての変更内容を 保存 します。

データ・マートでサポートされた Db2 データベース

  • Db2 on Cloud とデフォルト設定
  • Db2 Warehouse on Cloud とデフォルト設定
  • Db2 と以下の設定:
    • 製品名: " Db2 Enterprise Server Edition "
    • Product identifier: "db2ese"
    • バージョン情報:「11.5 とそれ以降」

アクセス・ポリシーの作成

  1. IBM Cloud ホーム・ページで、 「管理」>「アクセス (IAM)」をクリックします。
  2. IAM ダッシュボードから、 「ユーザー」 をクリックし、 「ユーザーの招待」を選択します。
  3. 以下のフィールドに入力します。
    • どのようにアクセス権限を割り当てますか? : Access policy
    • どのサービスにアクセス権限を割り当てますか? : watsonx.governance 次に 「次へ」をクリックします。
    • アクセス権限の範囲を指定する方法 : ユーザーのアクセス権限の範囲を選択し、 「次へ」をクリックします。
      • 「特定のリソース」を選択した場合は、属性タイプを選択し、追加する条件ごとに値を指定します。
      • 「属性タイプ」 リストで 「サービス・インスタンス」 を選択した場合は、 「値」 フィールドにインスタンスを指定します。
  4. 複数のインスタンスがある場合は、ユーザーにアクセス権限を割り当てるインスタンスを指定するデータマート ID を見つける必要があります。 データマート ID を見つけるには、以下のいずれかの方法を使用できます。
    • 「インサイト」 ダッシュボードで、モデル・デプロイメント・タイルをクリックし、 「アクション」>「モデル情報の表示」 に移動してデータマート ID を見つけます。
    • 「インサイト」 ダッシュボードで、モデル・デプロイメント・タイルのナビゲーション・メニューをクリックし、 「モニターの構成」を選択します。 次に、 エンドポイント タブに移動し、 モデル情報 タブの 統合の詳細 セクションでデータ・マート ID を見つけます。
  5. 「サービス・アクセス」 リストで 「リーダー」 役割を選択します。
  6. ユーザーにアクセス権限を割り当てます。
    • 新規ユーザーにアクセス権限を割り当てる場合は、 「追加」をクリックし、 「アクセスの要約」 ペインで 「招待」 をクリックします。
    • 既存のユーザーにアクセス権限を割り当てる場合は、 「追加」をクリックし、 「アクセス権限の要約」 ペインで 「割り当て」 をクリックします。

Watson OpenScale のユーザーと役割

モデル評価でコラボレーションするための役割を Watson OpenScale ユーザーに割り当てることができます。 詳しくは、 ユーザーとアクセス権限の管理を参照してください。

以下の表に、評価へのアクセス権限を割り当てることができる役割の許可をリストします。 オペレータービューアー の役割は同等です。

テーブル1。 ロール別の操作
表の最初の行には、ユーザーの作成時に選択できる個別のロールが記述されています。 各列には、その役割に関連付けられた機能の役割カテゴリーのチェック・マークが示されます。
操作 Admin 役割 Editor 役割 ビューアー/オペレーター役割
機械学習エンジン構成の追加
機械学習エンジン構成の削除
機械学習構成の更新
機械学習構成の表示
データベース構成の追加
データベース構成の削除
データベース構成の更新
データベース構成の表示
モデル承認
評価
ユーザーと役割の表示
ダッシュボードへのサブスクリプションの追加
ダッシュボードからのサブスクリプションの削除
サブスクリプションの表示
モニター条件の構成
モニター条件の表示
ペイロード・ロギング・レコードのアップロード
フィードバック・データのアップロード
モデル・リスク管理でのトレーニング・データ CSV ファイルのアップロード
自動セットアップの実行
システムを更新するための API 呼び出し
サブスクリプションとモニターを照会するための API 呼び出し

親トピック: 管理者用のプラットフォームのセットアップ

生成 AI の検索と回答
これらの回答は、製品資料の内容に基づいて、 watsonx.ai のラージ言語モデルによって生成されます。 詳細