0 / 0
資料の 英語版 に戻る
プロジェクトのプラットフォームの切り替え

プロジェクトのプラットフォームの切り替え

一部のプロジェクトのプラットフォームは、 Cloud Pak for Data as a Service と watsonx プラットフォームの間で切り替えることができます。 プロジェクトのプラットフォームを切り替える際には、そのプラットフォームに固有のツールを使用できます。

例えば、プロンプト・ラボ・ツールを使用してプロンプトおよびプロンプト・セッション資産を作成できるように、既存の Cloud Pak for Data as a Service プロジェクトを watsonx に切り替えることができます。 watsonx と Cloud Pak for Data as a Serviceを参照してください。

重要:プロンプト・ラボを使用した基盤モデルの推論は、ダラスとフランクフルトのリージョンで利用できます。 Watson Studio および Watson Machine Learning サービス・インスタンスは、 watsonx と Cloud Pak for Data as a Serviceの間で共有されます。 Watson Studio および Watson Machine Learning サービス・インスタンスが別のリージョンにプロビジョンされている場合は、基盤モデルの推論やプロンプト・ラボを使用できません。

要件

必要なアカウントと権限を持っている場合は、あるプラットフォームから別のプラットフォームにプロジェクトを切り替えることができます。

必要なアカウント : Cloud Pak for Data as a Service と watsonxの両方に登録する必要があります。

必要な権限 : 切り替えるプロジェクト内で Admin 役割を持っている必要があります。

必要なサービス : 作業している現在のアカウントには、以下の両方のサービスがプロビジョンされている必要があります。- Watson Studio :- Watson Machine Learning

プロジェクト設定 : プロジェクトでは、 「コラボレーターになれるユーザーを制限する」 設定が有効になっている必要があります。 Cloud Pak for Data as a Serviceでは、プロジェクト作成時にこの設定を有効にすることができます。 watsonxでは、この設定は自動的に行われます。

制限

プロジェクトを Cloud Pak for Data as a Service から watsonxに切り替えるには、プロジェクト内のすべての資産に、両方のプラットフォームでサポートされる資産タイプが必要です。

以下のいずれかの資産タイプが含まれているが、他のタイプの資産が含まれていないプロジェクトは、 Cloud Pak for Data as a Service から watsonxに切り替えることができます。

  • AutoAI エクスペリメント
  • COBOL コピーブック
  • 接続済みデータ・アセット (connected data asset)
  • 接続
  • ファイルからのデータ資産
  • Data Refinery フロー
  • 決定最適化実験
  • 連合学習テスト
  • フォルダー資産
  • Jupyter ノートブック
  • モデル
  • Python 関数
  • スクリプト
  • SPSS Modelerフロー
  • 仮想化

Cloud Pak for Data as a Serviceに固有の資産を含むプロジェクトを切り替えることはできません。 Watson Studio および Watson Machine Learning 以外のサービスで作成した資産をプロジェクトに追加した場合、そのプロジェクトを watsonxに切り替えることはできません。 パイプライン資産は Cloud Pak for Data as a Service プロジェクトと watsonx プロジェクトの両方でサポートされますが、パイプラインがサポートされない資産を参照する可能性があるため、パイプライン資産を含むプロジェクトを切り替えることはできません。

資産を含むプロジェクトを watsonx から Cloud Pak for Data as a Serviceに切り替えることができます。 ただし、 watsonx でのみサポートされる資産は、 Cloud Pak for Data as a Serviceでは使用できません。 これらの資産には、以下の

  • Lab アセットのプロンプト
  • 合成データ・フロー

アセット・タイプについて詳しくは、「 アセット・タイプおよびプロパティー」を参照してください。

プロジェクトのプラットフォームを切り替えるとどうなるか

プラットフォーム間でプロジェクトを切り替えると、以下のような影響があります。

コラボレーター : プロジェクト内のコラボレーターは、元のプラットフォーム上のスイッチの通知を受け取ります。 いずれかのコラボレーターが宛先プラットフォームのアカウントを持っていない場合、それらのコラボレーターはプロジェクトにアクセスできなくなります。

ジョブ : スケジュールされたジョブが切り替えられます。 切り替え時に実行されていたすべてのジョブは、元のプラットフォームで完了するまで続行されます。 切り替え後の時刻にスケジュールされているすべてのジョブは、宛先プラットフォームで実行されます。 ジョブ履歴は保持されません。

環境 : カスタム環境テンプレートは保持されます。

プロジェクト履歴 : 最近のアクティビティーとアセット・アクティビティーは保持されません。

リソース使用量 : 同じサービス・インスタンスを引き続き使用するため、リソース使用量は累積されます。

ストレージ : プロジェクトの IBM Cloud Object Storage バケットは変わりません。

プロジェクトのプラットフォームの切り替え

プロジェクトのプラットフォームは、元のプラットフォーム上のプロジェクト内から切り替えることができます。 Cloud Pak for Data as a Service と watsonxのいずれかを切り替えることができます。

プロジェクトのプラットフォームを切り替えるには、以下のようにします。

  1. 元のプラットフォームで、プロジェクトの 「管理」 タブに移動し、 「一般」 ページを選択し、 「コントロール」 セクションで 「プラットフォームの切り替え」をクリックします。 「プラットフォームの切り替え」 ボタンが表示されない場合、またはボタンがアクティブでない場合は、プロジェクトを切り替えることができません。
  2. 宛先プラットフォームを選択し、 「プラットフォームの切り替え」をクリックします。

複数のプロジェクトの watsonx への切り替え

watsonx ホーム・ページから、1 つ以上の適格なプロジェクトを Cloud Pak for Data as a Service から watsonx に切り替えることができます。

  1. watsonx のホーム・ページで、 「プロジェクトの切り替え」 アイコン (「プロジェクトの切り替え」アイコン) をクリックします。
  2. 切り替えたいプロジェクトを選択します。 要件を満たすプロジェクトのみがリストされます。
  3. オプション。 サポートされない資産タイプを含むプロジェクト、および 「管理者」 役割を持たないプロジェクトを表示できます。
  4. 「プロジェクトの切り替え」 アイコンをクリックします。

詳細情報

親トピック: プロジェクトの管理

生成 AI の検索と回答
これらの回答は、製品資料の内容に基づいて、 watsonx.ai のラージ言語モデルによって生成されます。 詳細