プロジェクトへのフォルダー資産の追加

接続を介してアクセスされる IBM Cloud Object Storage システム内のパスに基づいて、フォルダー資産を作成できます。 フォルダー資産とパスを共有するファイルおよびサブフォルダーを表示できます。 フォルダー資産内で表示できるファイルは、それ自体はデータ資産ではありません。 例えば、継続的に更新されるニュース・フィードを含むパスのフォルダー資産を作成できます。

フォルダー資産を追加するには、プロジェクトの管理者役割または編集者役割が必要です。

このビデオを視聴して、プロジェクトにフォルダー資産を追加する方法を確認してください。その後、ビデオの下に示されているステップを実行してください。

このビデオでは、本書に記載されている手順に従う代わりの方法として、視覚方式を提供します。

フォルダー資産を接続からプロジェクトに追加するには、次のようにします。

  1. 必要な場合は、 接続資産を作成します。 フォルダー資産内のファイルのダウンロードを有効にするには、IBM Cloud Object Storage 接続にアクセス・キーと秘密鍵を組み込みます。 アクセス・キーと秘密鍵がない既存の IBM Cloud Object Storage 接続資産を使用している場合は、接続資産を編集して追加します。
  2. 「新規資産」>「接続済みデータ」をクリックしてください。

  3. 既存の接続資産をデータのソースとして選択します。

  1. 目的のフォルダーを選択し、 選択をクリックしてください。

  2. 名前および説明を入力します。
  3. 「作成」をクリックします。 フォルダー資産は、プロジェクトの 資産 ページの データ資産 カテゴリーに表示されます。

フォルダー資産名をクリックして、フォルダー資産の内容を表示します。 ファイル名の横にある目のアイコン (目のアイコン) をクリックすると、以下の形式のフォルダー内のファイルの内容が表示されます:

  • CSV
  • JSON
  • Parquet

フォルダ・アセットのファイルを詳細化して、その結果をデータアセットとして保存することができます。 フォルダー資産の閲覧中に、ファイルを選択して 詳細化をクリックしてください。

フォルダー資産に関連付けられている IBM Cloud Object Storage 接続資産にアクセス・キーと秘密鍵 (HMAC 資格情報とも呼ばれる) がある場合は、そのフォルダー資産内のファイルを閲覧できます。 HMAC 資格情報について詳しくは、以下を参照してください IBM Cloud Object Storage サービス資格情報

次のステップ

親トピック: 分析プロジェクトへのデータの追加