0 / 0
資料の 英語版 に戻る
SPSS Modeler ジョブの作成

SPSS Modeler ジョブの作成

SPSS Modeler フローを実行するジョブを作成できます。

SPSS Modeler ジョブを作成するには、以下のようにします。

  1. SPSS Modelerで、ツールバーから 「ジョブの作成」 アイコン ジョブ・アイコン をクリックし、 「ジョブの作成」を選択します。 ウィザードが表示されます。 「次へ」 をクリックして、以下の説明に従ってウィザードの各ページを進めます。

  2. 名前および説明 (オプション) を入力して、ジョブの詳細を定義します。 必要に応じて、ジョブの保存設定を指定することもできます。 「ジョブ実行保存設定」 を選択して、終了したジョブ実行およびジョブ実行成果物 (ログなど) を保持する期間を設定します。 以下のいずれかの保存方式を選択できます。 ジョブ実行ファイルの数が多すぎると、プロジェクト・ストレージがすぐに使い尽くされる可能性があるため、デフォルトを変更する際には注意してください。

    • 期間別 (日数)。 ジョブ実行およびジョブ成果物を保持する日数を指定します。 保存値はデフォルトで 7 日に設定されます (ジョブ実行の最後の 7 日が保持されます)。
    • 「金額別」。 終了したジョブ実行の最後の数と、保持するジョブ成果物を指定します。 保存値は、デフォルトで 200 ジョブに設定されます。
  3. 「フロー・パラメーター」ページで、フロー・パラメーターの値を設定できます (フロー・パラメーターが存在する場合)。 これらは事実上、フローに保存されて永続化されるユーザー定義変数です。 パラメーターは、スクリプト内でハードコーディングする必要がないフィールドと値に関する情報を提供することにより、スクリプトの動作を制御するためによく使用されます。 詳しくは、 フローのプロパティーの設定 を参照してください。

    例えば、ここで 40 に設定することを選択した age_param というパラメーターと、 HIGHに設定した bp_param というパラメーターをフローに含めることができます。

  4. 「構成」ページで、ジョブがフロー全体を実行するか、フローの 1 つ以上のブランチを実行するかを選択できます。

  5. 「スケジュール」ページでは、1 回限りのスケジュールか繰り返しのスケジュールをオプションで追加できます。

    繰り返しを選択せずに開始日と時刻を定義すると、ジョブは指定された日時に 1 回だけ実行されます。 開始日時を定義し、 繰り返しを選択した場合、ジョブは「繰り返し」セクションに示されているタイム・スタンプで初めて実行されます。

    タイム・ゾーンを変更することはできません。スケジュールはご利用の Web ブラウザーのタイム・ゾーン設定を使用します。 特定の曜日を除外すると、ジョブが想定どおりに実行されない場合があります。 その理由としては、スケジュールを作成するユーザーのタイム・ゾーンと、ジョブが実行される計算ノードのタイム・ゾーンが一致していないことが考えられます。

  6. オプションで、ジョブの通知をオンにします。 受信するアラートのタイプを選択できます。

  7. ジョブの設定を確認します。 「保存」 をクリックして、ジョブを作成します。

    SPSS Modeler ジョブが、プロジェクトの 「ジョブ」 の下にリストされます。

詳細情報

親トピック: ジョブ

生成 AI の検索と回答
これらの回答は、製品資料の内容に基づいて、 watsonx.ai のラージ言語モデルによって生成されます。 詳細