接続タイプ

プロジェクトおよびカタログ内の幅広いサービス (データ・ソース) への接続を追加できます。 ソース接続はデータの読み取りにのみ使用できます。ターゲット接続はデータのロード (保存) にのみ使用できます。 ターゲット接続を作成するときは、必ず書き込み権限を持つ資格情報を使用してください。そうしないと、ターゲットにデータを保存できません。

プロジェクトからデータを読み取ったり、データをデータ・ソースにロードしたりする前に、そのデータ・ソースに対して 接続を作成 しなければなりません。

接続からアクセスできる表のデータ資産を追加する前に、カタログから 接続資産を追加 しなければなりません。

Watson Query から、 プラットフォーム接続 ページまたは「 データ仮想化 > データ・ソース 」ページで接続を作成できます。 詳しくは、 Watson Query でのデータ・ソースの追加および接続を参照してください。

IBM サービス

サード・パーティー・サービス

サポートされた接続タイプ (ツール別)

{: #st} 以下のツールおよびサービスは接続をサポートします:

詳細情報

親トピック: データの準備