Snowflake 接続

Snowflakeでデータにアクセスするには、その接続資産を作成します。

Snowflake は、クラウド・ベースのデータ・ストレージおよび分析サービスです。

Snowflake への接続を作成する

接続資産を作成するには、以下の接続の詳細が必要です:

  • アカウント名: アカウントのフル名
  • データベース名
  • ロール: Snowflake セッションで使用するデフォルトのアクセス制御ロール
  • ウェアハウス: 仮想ウェアハウス
  • ユーザー名とパスワード
  • Okta URL エンドポイント: ユーザーの会社でネイティブ Okta SSO 認証を使用している場合は、Okta アカウントの Okta URL エンドポイントを入力します。 例: https://<okta_account_name>.okta.com。 Snowflake のデフォルト認証を使用する場合は、このフィールドをブランクのままに残してください。 Okta によって提供されるフェデレーテッド認証については、 ネイティブ SSO {: new_window}を参照してください。

プライベート接続の場合、インターネットに外部化されていないデータベース (例えば、ファイアウォールの内側) に接続するには、 セキュア接続をセットアップする必要があります。

プラットフォーム内の場所に基づいて接続を作成する方法を選択してください

プロジェクト内 「プロジェクトに追加」>「接続」をクリックしてください。 プロジェクトへの接続の追加を参照してください。


カタログ内で 「カタログに追加」>「接続」 をクリックしてください。 Adding a connection asset to a catalog を参照してください。


デプロイメント・スペース内 「スペースに追加」>「接続」 をクリックしてください。 Adding data to a deployment space 参照してください。


「プラットフォーム資産」カタログ内 「新規接続」 をクリックしてください。 Adding platform connections を参照してください。

次のステップ: 接続からデータ資産を追加する

この接続を使用できる場所

以下のワークスペースおよびツールで Snowflake 接続を使用できます:

プロジェクト

  • Data Refinery (Watson Studio または Watson Knowledge Catalog)
  • DataStage (DataStage サービス)
  • メタデータのインポート (Watson Knowledge Catalog)
  • SPSS Modeler (Watson Studio)

カタログ

  • プラットフォーム資産カタログ
  • 他のカタログ (Watson Knowledge Catalog)

Watson Query サービス Watson Query からこのデータ・ソースに接続できます。

Snowflake のセットアップ

一般構成

SQL ステートメントの実行

SQL ステートメントが正しく実行されるようにするには、 正しい構文用のSnowflake SQL コマンド・リファレンス を参照してください。

詳細情報

Snowflake in 20 Minutes

親トピック: サポートされた接続