Cloudant 接続

Cloudant でデータにアクセスするには、そのデータの接続資産を作成します。

Cloudant は、 IBM Cloudで使用可能な JSON 文書データベースです。

Cloudant へ接続を作成する

接続資産を作成するには、以下の接続の詳細が必要です:

  • Cloudant データベースの URL
  • データベース名
  • ユーザー名とパスワード

プラットフォーム内の場所に基づいて接続を作成する方法を選択してください

プロジェクト内「プロジェクトに追加」>「接続」をクリックしてください。 プロジェクトへの接続の追加を参照してください。


カタログ内で 「カタログに追加」>「接続」 をクリックしてください。 Adding a connection asset to a catalog を参照してください。


デプロイメント・スペース内 「スペースに追加」>「接続」 をクリックしてください。 Adding data to a deployment space を参照してください。


「プラットフォーム資産」カタログ内 「新規接続」 をクリックしてください。 Adding platform connectionsを参照してください。

次のステップ: 接続からデータ資産を追加する

この接続を使用できる場所

Cloudant 接続は、以下のワークスペースおよびツールで使用できます:

プロジェクト

  • Data Refinery (Watson Studio または Watson Knowledge Catalog)
  • SPSS Modeler (Watson Studio)

カタログ

  • プラットフォーム資産カタログ
  • 他のカタログ (Watson Knowledge Catalog)

Cloudant のセットアップ

IBM Cloudで Cloudant データベースをセットアップするには、 IBM Cloudantの入門を参照してください。
Cloudant サービスを作成するときに、 認証方式に対して IAM およびレガシー資格情報を選択してください。

制限事項

IBM Cloud 照会 (CQ) はサポートされていません

詳細情報

IBM Cloudant 文書

親トピック: サポートされた接続