Google Cloud Storage 接続

Google Cloud Storage 内のデータにアクセスするには、そのデータ用の接続資産を作成します。

Google Cloud Storage は、Google Cloud Platform インフラストラクチャーでデータを保管およびアクセスするためのオンライン・ファイル・ストレージ Web サービスです。

Google Cloud Storage への接続を作成します

接続資産を作成するには、以下の接続の詳細が必要です:

  • プロジェクト ID
  • 資格情報: Google サービス・アカウント・キー JSON ファイルの内容です
  • クライアント ID およびクライアント機密
  • アクセス・トークン
  • リフレッシュ・トークン

プラットフォーム内の場所に基づいて接続を作成する方法を選択します

プロジェクト内 プロジェクトに追加 > 接続をクリックします。 プロジェクトへの接続の追加を参照してください。


カタログ内で 「カタログに追加」>「接続」 をクリックします。 Adding a connection asset to a catalogを参照してください。


デプロイメント・スペース内 スペースに追加 > 接続 をクリックします。 Adding data to a deployment space を参照してください。


プラットフォーム資産カタログ内 新規接続 をクリックします。 Adding platform connections を参照してください。

次のステップ: 接続からデータ資産を追加する

この接続を使用できる場所

Google Cloud Storage 接続は、以下のワークスペースおよびツールで使用できます:

プロジェクト

  • Data Refinery (Watson Studio または Watson Knowledge Catalog)
  • DataStage (DataStage サービス)
  • メタデータのインポート (Watson Knowledge Catalog)
  • SPSS Modeler (Watson Studio)

カタログ

  • プラットフォーム資産カタログ
  • 他のカタログ (Watson Knowledge Catalog)

サポートされるファイル・タイプ

Google Cloud Storage 接続は、Avro、CSV、Delimited テキスト、Excel、JSON、ORC、Parquet、SAS、SAV、SHP、および XML の各ファイル・タイプをサポートします。

詳細情報

Google Cloud Storage 資料

親トピック: サポートされた接続