Amazon RDS for Oracle 接続

Amazon RDS for Oracleでデータにアクセスするには、そのデータ用の接続アセットを作成してください。

Amazon RDS for Oracle は、Amazon Relational Database Service (RDS) で実行される Oracle リレーショナル・データベースです。

サポートされた Oracle のバージョンとエディション

  • Oracle Database 19c (19.0.0.0)
  • Oracle Database 12c Release 2 (12.2.0.1)
  • Oracle Database 12c Release 1 (12.1.0.2)

Oracle 用の Amazon RDS への接続を作成します

接続資産を作成するには、以下の接続の詳細が必要です:

  • データベースの Oracle サービス名または Oracle システム ID (SID) のいずれかです。
  • データベースのホスト名または IP アドレス
  • データベースのポート番号。 (デフォルトは 1521)
  • SSL 証明書 (データベース・サーバーによって必要とする場合)

プラットフォーム内の場所に基づいて接続を作成する方法を選択してください

プロジェクト内 プロジェクトに追加 > 接続をクリックくてください。 プロジェクトへの接続の追加を参照してください。


カタログ内で カタログに追加 > 接続 をクリックしてください。 Adding a connection asset to a catalog を参照してください。


デプロイメント・スペース内 スペースに追加 > 接続 をクリックしてください。 Adding data to a deployment space を参照してください。


プラットフォーム資産カタログ内 「新規接続」 をクリックしてください。 Adding platform connections を参照してください。

次のステップ: 接続からデータ資産を追加する

この接続を使用できる場所

Amazon RDS for Oracle 接続は、以下のワークスペースおよびツールで使用できます:

プロジェクト

  • Data Refinery (Watson Studio または Watson Knowledge Catalog)
  • DataStage (DataStage サービス)

カタログ

  • プラットフォーム資産カタログ
  • 他のカタログ (Watson Knowledge Catalog)

Watson Query サービス Watson Query からこのデータ・ソースに接続できます。

Amazon RDS for Oracle のセットアップ

Amazon で Oracle データベースをセットアップするには、以下のトピックを参照してください:

詳細情報

Amazon RDS for Oracle

親トピック: サポートされた接続