0 / 0
資料の 英語版 に戻る
Amazon RDS for MySQL 接続
Amazon RDS for MySQL 接続

Amazon RDS for MySQL 接続

Amazon RDS for MySQLでデータにアクセスするには、そのデータ用の接続アセットを作成します。

Amazon RDS for MySQL は、Amazon Relational Database Service (RDS) で実行される MySQL リレーショナル・データベースです。

サポート対象のバージョン

MySQL データベース・バージョン 5.6 から 8.0

Amazon RDS for MySQLへの接続を作成する

接続資産を作成するには、以下の接続の詳細が必要です:

  • データベース名
  • ホスト名またはIPアドレス
  • ポート番号
  • ユーザー名とパスワード
  • SSL 証明書 (データベース・サーバーによって必要とする場合)

プラットフォーム内の場所に基づいて接続を作成する方法を選択してください

プロジェクト内 「資産」>「新規資産」>「データ・アクセス・ツール」>「接続」をクリックします。 プロジェクトへの接続の追加を参照してください。


カタログ内 「カタログに追加」>「接続」をクリックします。 カタログへの接続資産の追加を参照してください。


デプロイメント・スペース内 「スペースに追加」>「接続」をクリックします。 デプロイメント・スペースへの接続の追加を参照してください。


Platform assets catalog 新規接続」をクリックします。 プラットフォーム接続の追加を参照してください。

次のステップ: 接続からデータ資産を追加する

この接続を使用できる場所

Amazon RDS for MySQL 接続を以下のワークスペースおよびツールで使用できます:

プロジェクト

  • Data Refinery (Watson Studio または Watson Knowledge Catalog)
  • DataStage (DataStage サービス)
  • Metadata import (Watson Knowledge Catalog)
  • ノートブック。 「コードに挿入」機能を使用して接続資格情報を取得し、データをデータ構造にロードします。 データ・ソース接続からのデータのロードを参照してください。
  • SPSS Modeler (Watson Studio)

カタログ

  • Platform assets catalog
  • 他のカタログ (Watson Knowledge Catalog)

Watson Query サービス Watson Query からこのデータ・ソースに接続できます。

Amazon RDS for MySQL のセットアップ

セットアップの手順については、以下のトピックを参照してください。

SQL ステートメントの実行

SQL ステートメントが正しく実行されるようにするには、正しい構文について Amazon RDS for MySQL の資料 を参照してください。

もっと見る

Amazon RDS for MySQL

親トピック: サポートされた接続