0 / 0
資料の 英語版 に戻る
Watson Studio サービス・プラン

Watson Studio サービス・プラン

Watson Studio で選択するプランによって、使用できる機能が決定します。

Watson Studio をプロビジョンまたはアップグレードするときに、ライト・プランとプロフェッショナル・プランのいずれかを選択できます。

料金と機能の情報については、 IBM Cloud カタログ: Watson Studio のプラン・ページを参照してください。

IBM Cloud アカウント所有者は、ライト (無料) プランとプロフェッショナル (有料) プランのいずれかを選択できます。

プロフェッショナル・プランでは、1 つの IBM Cloud アカウントに複数の Watson Studio インスタンスをプロビジョンできます。 プロフェッショナル・プランでは、ユーザーが無制限に許可され、キャパシティー・ユニット時間 (CUH) で測定されるコンピュート使用量に対して課金されます。 プロフェッショナル・プランは、唯一の有料プラン・オプションです。

ライト・プランでは、IBM Cloud アカウントごとに 1 つの Watson Studio インスタンスをプロビジョンできます。 ライト・プランでは 1 人のユーザーのみが許可され、CUH は 1 カ月あたり 10 時間に制限されます。 プロジェクトのコラボレーターは、独自の Watson Studio ライト・プランを持っている必要があります。

どちらの Watson Studio プランにも、追加サービスのない以下の機能が含まれています。

どちらの Watson Studio プランにも、 Watson Machine Learning サービスも必要とする以下の機能が含まれています。

  • 機械学習モデル : 分析モデルを作成します。
  • AutoAI 。一連のモデル候補を自動的に作成します。
  • 統合学習 -データを共有することなく、複数のリモート・パーティーを使用してモデルを共同でトレーニングします。
  • Decision Optimization 。ビジネス上の問題を解決するモデルを構築します。
  • Synthetic Data Generator は、合成表データを生成します。

Watson Studio プロフェッショナル・プランには、ライト・プランでは使用できない以下のような機能が含まれています。

プロフェッショナル・プランでは、1 カ月当たりに消費されるコンピュート使用量に対して課金されます。 コンピュート使用量は、キャパシティー・ユニット時間 (CUH) で課金されます。 リソースの割り振りと使用量の計算について詳しくは、『ランタイム使用量』を参照してください。

テーブル1。 Watson Studio プラン間の機能の違い
機能 ライト 専門家
カスタム暗号鍵
コネクター
大規模環境
Spark 環境 2 つの実行プログラム 最大 35 の実行プログラム
GPU 環境 ✓ ダラス・リージョンのみ
プロジェクトのエクスポート
コラボレーター 1 無制限
使用の処理中 1 カ月当たり 10 CUH 無制限 - CUH 単位で支払い
HIPAA対応 ✓ ダラス・リージョンのみ

詳細情報

親トピック: Watson Studio

生成 AI の検索と回答
これらの回答は、製品資料の内容に基づいて、 watsonx.ai のラージ言語モデルによって生成されます。 詳細