0 / 0
資料の 英語版 に戻る
IBM Knowledge Catalog サービス・プラン

IBM Knowledge Catalog サービス・プラン

IBM Knowledge Catalog 用に選択するプランは、使用できるフィーチャーおよび機能に影響します。

IBM Knowledge Catalogをプロビジョンするときに、ライト・プラン、標準プラン、またはエンタープライズ・バンドル・プランのいずれかを選択できます。

プロビジョンできる IBM Knowledge Catalog インスタンスは、 IBM Cloud アカウントごとに 1 つのみです。

使用可能なプラン

IBM Cloud アカウント所有者または管理者は、以下の IBM Knowledge Catalog プランから選択できます。

ライト
Standard または Enterprise Bundle プランを購入する前に、 IBM Knowledge Catalog の機能を無料でお試しください。
標準:
IBM Knowledge Catalog のプロセスとツールを実行するためのカタログ資産とコンピュート使用量に対して支払いを行います。
エンタープライズ・バンドル:
大量のカタログ資産およびコンピュート使用量に対して割引された月額料金を支払います。 業界固有のボキャブラリーを含むキュレートされた用語集も備えた Knowledge Accelerators をインポートします。

料金情報については、サービス・カタログの IBM Knowledge Catalog ページを参照してください。

IBM Knowledge Catalog プラン間の機能の違い

すべての IBM Knowledge Catalog プランには、カタログに関する以下の機能があります。

すべての IBM Knowledge Catalog プランには、プロジェクト用の以下の機能があります。

一部の IBM Knowledge Catalog プランには、以下の機能が含まれています。

Platform assets catalog は、 IBM Knowledge Catalog サービスなしで使用できます。 ただし、 IBM Knowledge Catalog サービスを使用すると、 Platform assets catalogに接続以外の資産を含めることができます。 カタログ内の接続以外の資産の制限には、プラットフォーム資産カタログ内の資産が含まれます。

以下の表に、プランごとの機能の制限と制約事項を示します。 その他のすべての機能は、すべてのプランで制限なしで使用できます。

テーブル1。 IBM Knowledge Catalog プラン間の機能の違い
特徴 ライト Standard エンタープライズ・バンドル
Platform assets catalog 1 1 1
その他のカタログ 2 無制限 無制限
カタログ内の接続資産 無制限 無制限 無制限
カタログごとのその他の資産 50 1 カ月当たりの資産ごとの支払い 1 カ月当たり 100,000 回 + 追加料金
カテゴリー 10 10,000 10,000
ビジネス用語 300 無制限 無制限
参照データ・セット 20 (セット当たり 3000 行) 5000 (セット当たり 3000 行) 5000 (セット当たり 3000 行)
成果物のカスタム関係
カスタム・カテゴリー・ロール 5 5 50
管理レポート
Knowledge Accelerators
資産のアクティビティー
1 カ月当たりのコンピュート使用量 25 CUH CUH 従量課金制 2500 CUH + 追加料金
独自のキーを使用してストレージを暗号化する
HIPAA の準備 ✓ (ダラス・リージョンのみ) ✓ (ダラス・リージョンのみ)
資産のバックアップ

課金

標準:
標準プランでは、カタログ資産の数と使用されたコンピュート使用量に対して毎月支払います。
コンピュート使用量は、キャパシティー・ユニット時間 (CUH) で課金されます。 CUH は、データ資産のプロファイルを作成するとき、または IBM Knowledge Catalog のツールとジョブを実行するときに使用します。
1 暦月の間の任意の時点でカタログ内に存在する資産の最大数に対して課金されます。 例えば、5 月 1 日に 10,000 個の資産をカタログに追加し、それらを 5 月 2 日にすべて削除した場合、少なくとも 10,000 個の資産に対して請求されます。 その後、5 月 12 日に新しい 12,000 個の資産を追加すると、後で削除される資産の数に関係なく、最も多くの資産が 12,000 個にリセットされます。 資産の数は、翌月の初めに実際の現在の資産数にリセットされます。
エンタープライズ・バンドル:
エンタープライズ・バンドル・プランには、月次カタログ資産とコンピュート使用量の設定量が含まれています。 さらに多くのカタログ資産とコンピュート使用量に対して支払いを行います。
常に増大することのないように請求書を作成する
プロジェクトおよびスペースは、カタログよりもはるかに頻繁に作成および削除されます。 多くの場合、プロジェクトが作成され、カタログからの資産がプロジェクトにコピーされて作業され、新しい資産が追加されます。 その後、それらの資産はカタログにコピーして戻されます。 これにより、時間の経過とともに資産の数が増加することは避けられません。 請求を制御し続けるには、以下のようにします。
  • 不要な資産を削除してから、ごみ箱からも削除してください。 カタログから削除された資産は、ごみ箱から削除されるまでカウントされ続けます。 ごみ箱からの資産の削除を参照してください。
  • 不要なカタログを削除します。
1 カ月以内に追加または削除する資産の数に関係なく、各暦月は別個の請求期間を表すことに注意してください。

もっと見る

親トピック: IBM Knowledge Catalog

生成 AI の検索と回答
これらの回答は、製品資料の内容に基づいて、 watsonx.ai のラージ言語モデルによって生成されます。 詳細