0 / 0
資料の 英語版 に戻る
AI ガバナンスのユース・ケース
AI ガバナンスのユース・ケース

AI ガバナンスのユース・ケース

責任を持ち、透明性があり、説明可能な AI ワークフローを推進するために、企業は AI モデルを追跡、モニター、およびリトレーニングするための統合システムを必要としています。 Cloud Pak for Data as a Service は、企業が実動の機械学習モデルと AI モデルをモニター、保守、自動化、および管理できるようにするためのプロセスとテクノロジーを提供します。

Cloud Pak for Dataで AI ガバナンス・ソリューションを実装するためのデータ・ファブリックのユース・ケースをご覧ください。

このビデオでは、本書に記載されている手順に従う代わりの方法として、視覚方式を提供します。

チャレンジ

企業向けの AI ガバナンス・ソリューションを確立するには、以下の課題に取り組む必要があります。

モデルのガバナンスとコンプライアンスの確保
組織は、モデルの詳細な履歴を追跡および文書化して、コンプライアンスを確保し、すべての利害関係者に可視性を提供する必要があります。

リスクを管理し、責任ある AI を確保する
組織は、実動のモデルをモニターして、モデルが有効かつ正確であること、および意図された目標から偏りや偏りが生じていないことを確認する必要があります。

モデル・ライフサイクルの運用
組織は、反復可能なプロセスを実装して、モデルを実稼働環境に効率的にリトレーニングおよびデプロイする必要があります。

これらの課題は、 Cloud Pak for Data as a Service上のデータ・ファブリックを使用して AI ガバナンス・ライフサイクルを実装することで解決できます。


例: ゴールデン・バンクの課題

ゴールデン・バンクのストーリーに従って AI ガバナンス・プロセスを実装し、新しいオンライン・アプリケーション・プロセスがコンプライアンスに準拠し、説明可能であることを確認します。 ゴールデン・バンクのビジネス・アナリストは、コンプライアンスを確保するためにモデル情報を検討し、開発から実動までのモデルの進捗を認証し、共有またはアーカイブするためのレポートを生成する必要があります。

処理

企業の AI ガバナンスを実装するために、組織は以下のプロセスに従うことができます。

  1. モデルの追跡
  2. モニター・モデル
  3. AI ライフサイクルの自動化

Cloud Pak for Data as a Service の Watson Studio、 Watson Machine Learning、 Watson OpenScale、および Watson Knowledge Catalog サービスは、組織が AI ガバナンス・ソリューションを実装するために必要なツールとプロセスを提供します。

AI ガバナンスのユース・ケースのフローを示す画像

1. モデルの追跡

チームは、機械学習モデルを要求から実動まで追跡し、モデルが組織の規制および要件に準拠しているかどうかを評価できます。

使用できるもの できること 最適な使用のタイミング
ファクト・シート Watson Knowledge Catalogのカタログ内のモデル・インベントリーで、新規モデルのユース・ケースを作成します。

登録されているすべての資産のライフサイクル状況を表示し、モデル・ユース・ケースに登録されているモデルまたはデプロイメントの詳細なファセット・シートにドリルダウンします。

一般モデルの詳細、トレーニング情報とメトリック、および入力メトリックと出力メトリックの詳細スキーマを表示します。

一般デプロイメントの詳細を表示します。 公平性の詳細とドリフトの詳細。
データ・サイエンス・チームに新しいモデルを要求する必要があります。

モデルが準拠しており、期待どおりに実行されていることを確認します。

トラッキング・データに基づいてモデルを更新する必要があるかどうかを判別します。

詳細を共有または保持するために、モデルに対してレポートを実行します。


例: ゴールデン・バンクのモデル追跡

ゴールデン・バンクのビジネス・アナリストは、「住宅ローン承認モデル」を要求しています。 その後、データ・サイエンティストがモデルを構築してトレーニングし、ModelOps エンジニアがモデルをデプロイして評価する際に、AI ライフサイクルのすべてのステージを通してモデルを追跡できます。 ファセット・シートは、モデル履歴に関する詳細を文書化し、そのパフォーマンスを示すメトリックを生成します。


2. デプロイされたモデルのモニター

モデルをデプロイした後は、モデルが説明可能で透明性があるようにするために、それらのモデルを管理およびモニターすることが重要です。 データ・サイエンティストは、モデルがどのように特定の予測に到達するかを説明して、予測に暗黙的または明示的なバイアスがあるかどうかを判別できるようにする必要があります。 また、モデルのライフサイクルを通して、モデルのパフォーマンスやデータ整合性の問題を監視することがベスト・プラクティスです。

使用できるもの できること 最適な使用のタイミング
Watson OpenScale 複数の特徴量にわたるモデルの公平性の問題をモニターします。

時間の経過に伴うモデルのパフォーマンスとデータの整合性をモニターします。

重み付けされた要因を使用して、モデルがどのように特定の予測に到達したかを説明します。

組織全体のモデルのガバナンスとライフサイクルを維持し、レポートします。
保護されている特徴量、または予測の公平性に寄与する可能性がある特徴量があります。

時間の経過に伴うモデルのパフォーマンスとデータの整合性をトレースする必要があります。

モデルが特定の予測を行う理由を把握する必要があります。


例: ゴールデン・バンクのモデル・モニタリング

ゴールデン・バンクのデータ・サイエンティストは、 Watson OpenScale を使用して、デプロイされた「住宅ローン承認モデル」をモニターし、それが正確であり、すべてのゴールデン・バンクの住宅ローン申請者を公平に扱うことを確認します。 モデルのモニターをセットアップするためにノートブックを実行し、 Watson OpenScale ユーザー・インターフェースを使用して構成を微調整します。 データ・サイエンティストは、 Watson OpenScale 品質モニターおよび公平性モニターからの指標を使用して、モデルがどの程度効果を予測しているか、およびバイアスのある結果を生成しているかどうかを判別します。 また、ローン申請者に意思決定を説明できるように、モデルがどのように意思決定に対応するかについての洞察も得られます。


3. ML ライフサイクルの自動化

チームは、 Watson パイプラインを使用して、MLOps と AI のライフサイクルを自動化し、簡素化することができます。

使用できるもの できること 最適な使用のタイミング
Watson パイプライン パイプラインを使用して、データ取り込みからモデルのトレーニング、テスト、およびデプロイメントに至るまで、機械学習パイプラインを自動化する反復可能でスケジュールされたフローを作成します。 MLOps フロー内の一部またはすべてのステップを自動化する必要があります。


例: ゴールデン・バンクの自動 ML ライフサイクル

ゴールデン・バンクのデータ・サイエンティストは、パイプラインを使用して AI ガバナンスのライフサイクルとプロセス全体を自動化し、モデルのリトレーニング・プロセスを簡素化できます。


AI ガバナンスのチュートリアル

チュートリアル 説明 チュートリアルの専門知識
モデルをビルドとデプロイする モデルをトレーニングし、デプロイメント・スペースにプロモートし、モデルをデプロイします。 ノートブックを実行します。
モデルのテストおよび検証 正確度、公平性、および説明可能性についてモデルを評価します。 ノートブックを実行し、ユーザー・インターフェースで結果を表示します。

もっと見る

親トピック: データ・ファブリック・ソリューションの概要