0 / 0
資料の 英語版 に戻る
Master Data Management ユース・ケース

Master Data Management ユース・ケース

お客様の企業は、お客様のユーザーとシステムが、お客様のデータの総合的で信頼性の高い統一されたビューを持つようにする必要があります。 Cloud Pak for Data as a Service は、ドメイン間でデータを接続し、そのデータを対話式ダッシュボードで表示することで、顧客の統合ビューを作成するためのプラットフォームとツールを提供します。

このビデオを視聴して、 Cloud Pak for Dataでソリューションを実装するためのデータ・ファブリックのユース・ケースを確認してください。

このビデオは、本書の概念とタスクを学習するためのビジュアル・メソッドを提供します。

チャレンジ

信頼性の高い統一された顧客データのビューを提供するには、組織は以下の課題に取り組む必要があります。

顧客データの主要ソースの接続
組織は、データを繰り返し収集するのではなく、分析時に顧客データの主要ソースに接続する必要があります。

サイロの解体
組織は、さまざまなデータを単一の統合された顧客ビューにまとめる必要があります。

完全な顧客プロファイルの作成
チームは、セルフサービス・プロセスとデータ・スチュワードシップを最適化するために、大規模な顧客の正確なビューを素早く構築する必要があります。

ユーザーがデータを使用できるようにする
データ・エンジニアは、データを利用する必要があるすべてのユーザーがセルフサービス・アクセス権限を持つ単一のカタログに顧客データを公開できる必要があります。

これらの課題を解決するには、 Cloud Pak for Data as a Service上のデータ・ファブリックを使用して、信頼性の高い統一された顧客データ・ビューを実装します。

例: ゴールデン・バンクの課題

住宅ローン金利を引き下げるキャンペーンを展開しているゴールデン・バンクの話をフォローしてください。 銀行は、顧客に住宅ローンを提供する前に全体像を確認するために、顧客データとクレジット・スコア・データを組み合わせた統合ビューを必要とします。

プロセス

Master Data Management ユース・ケースを実装するために、組織は以下のプロセスに従うことができます。

  1. 顧客の統合ビューの構成
  2. 顧客の統合ビューを検討する
  3. データの共有

Cloud Pak for Data as a Service の IBM Match 360 サービスと IBM Knowledge Catalog サービスは、組織が Master Data Management ソリューションを実装するために必要なすべてのツールとプロセスを提供します。

マスター・データ管理ユース・ケースのフローを示す画像

1. 顧客の統合ビューを構成する

プロセスのこの最初のステップでは、データ・エンジニアは、異なるソースからのデータを結合し、データ・モデルを生成して詳細化し、データをデータ・モデルにマップすることにより、顧客の統合ビューを構成できます。

使用できるもの できること 最適な使用のタイミング
IBM Match 360 IBM Match 360の構成ツールを使用すると、データ・エンジニアは、数千の属性を手動でマッピングすることなく、企業全体のさまざまなシステムから顧客データを収集し、自動生成されたカスタマイズ可能データ・モデルを表示できます。

データが IBM Match 360にロードされた後、マッチング・アルゴリズムを実行して、エンリッチ・マスター・データ・エンティティーを作成できます。
データの単一の信頼できる統合ビューを確立するために調整およびトレーニングできるインテリジェント・マッチング・アルゴリズムを使用する必要があります。
Data Virtualization 多くのデータ・ソースを 1 つのデータ・ソースとして照会します。 データ・エンジニアは、さまざまなリレーショナル・データ・ソースからのデータを結合、結合、またはフィルタリングできる仮想データ・テーブルを作成できます。

その後、データ・エンジニアは、結合されたデータを IBM Knowledge Catalogでデータ資産として使用可能にすることができます。 例えば、結合されたデータを使用してダッシュボード、ノートブック、およびフローをフィードし、データを探索できるようにすることができます。
ビューを生成するには、複数のソースからのデータを結合する必要があります。

結合されたデータをカタログ内のデータ資産として使用可能にする必要があります。

例: ゴールデン・バンクの顧客の統合ビューの構成

ゴールデン・バンクのデータ・エンジニアは、外部データだけでなく、企業全体のさまざまなシステムからの顧客データをクレジット・スコア・データと組み合わせて、エンティティーを解決し、顧客の統合ビューを作成します。 エンジニアは、資産をセットアップしてマスター・データに追加し、データ資産の属性をマップし、データ・モデルを公開し、マッチング・アルゴリズムを実行して、探索するデータを準備します。


2. 顧客の統合ビューの探索

データ・アナリストやその他のビジネス・ユーザーは、一致したデータを探索します。

使用できるもの できること 最適な使用のタイミング
マスター・データ・エクスプローラー IBM Match 360のマスター・データ・エクスプローラーを使用すると、ユーザーとシステムは、マスター・データ・エンティティーを検索、表示、および分析できます。

ユーザーは、マスター・データを取り込む予定のスペース内で直接マスター・データをディスカバーできます。
ユーザーとシステムには、データの全体像が必要です。

ユーザーとシステムは、マスター・データ・エンティティーを検索、表示、および分析する必要があります。

API を使用して、ビジネス・アプリケーションを信頼できるマスター・データに接続します。

例: ゴールデン・バンクの顧客の集約ビューの探索

ゴールデン・バンクのデータ・エンジニアが、カソマー・データとクレジット・スコア・データを組み合わせて顧客の統合ビューを構成した後、データ・アナリストは、 IBM Match 360 で結果を分析、探索、検証して、マーケティング・キャンペーン・オファーのターゲットとなる最適な顧客を特定し、選択します。


3. データの共有

カタログは、お客様の顧客データをチームが理解し、適切なデータを適切な用途に使用できるようにします。 データ・サイエンティストやその他のタイプのユーザーは、企業のアクセス・ポリシーやデータ保護ポリシーに準拠した状態を維持しながら、必要とする、一致する公開済みの顧客データに対して支援を行うことができます。 カタログからプロジェクトにデータ資産を追加して、共同でデータの準備、分析、およびモデル化を行うことができます。

使用できるもの できること 最適な使用のタイミング
IBM Knowledge Catalog 組織内のコラボレーター間で共有するために資産を編成します。

AI を活用したセマンティック検索と推奨を活用して、ユーザーが必要なものを見つけられるようにします。
ユーザーは、高品質のデータの理解、コラボレーション、エンリッチ、およびアクセスを容易に行う必要があります。

ビジネス・ユーザー間のデータとコラボレーションの可視性を高める必要があります。

ユーザーは、物理的な形式や場所を理解せずに、資産の移動やコピーを行うことなく、データの表示、アクセス、操作、分析を行う必要があります。

ユーザーは、資産のレーティングおよびレビューによって資産を強化する必要があります。

例: ゴールデン・バンクのカタログ

データ・スチュワードは、カタログ内で必要な一致する顧客データ資産を見つけ、それらの資産をプロジェクトにコピーします。 データ・サイエンティストは、プロジェクトでデータを精製して、モデルをトレーニングするための準備をすることができます。

Master Data Management のチュートリアル

チュートリアル 説明 チュートリアルの専門知識
360 度ビューを構成する データをセットアップ、マップ、およびモデル化して、顧客の統合ビューを作成します。 Match 360 ドラッグ・アンド・ドロップ・インターフェースを使用して、統合ビューを構成します。

もっと見る

親トピック: ユース・ケース

生成 AI の検索と回答
これらの回答は、製品資料の内容に基づいて、 watsonx.ai のラージ言語モデルによって生成されます。 詳細