0 / 0
資料の 英語版 に戻る
Cloud Pak for Data as a Service の登録
Cloud Pak for Data as a Service の登録

Cloud Pak for Data as a Service の登録

Cloud Pak for Data as a Service の個人用バージョンに初期費用なしで登録することも、組織のアカウントに参加するための E メール招待を介して登録することもできます。

個人の Cloud Pak for Data as a Service アカウントの登録

Cloud Pak for Data as a Service に登録するには、 IBM Cloud アカウントの IBMid が必要です。 アカウントに登録するには、E メール・アドレス、個人情報、およびクレジット・カード情報を入力します。 有料プランにアップグレードしてから、有料サービスを利用する場合にのみ課金されます。 ライト・プランでは課金されません。

Cloud Pak for Data as a Service の無料バージョンには、コア・サービスのライト・プランが含まれています。 コア・サービスは、 IBM Watson Studio、 Watson Machine Learning、 Watson Knowledge Catalog、 DataStage、 Cognos Dashboard Embedded、 Watson OpenScale、および Cloud Object Storageのインスタンス。

Cloud Pak for Data as a Service に登録するには、次のようにします。

  1. Cloud Pak for Data as a Serviceにアクセスします。
  2. 作業場所に最も近い IBM Cloud サービス地域、または管理者から選択するように指示された地域を選択してください。
  3. IBM Cloud アカウントのユーザー名とパスワードを入力してください。 IBM Cloud アカウントがない場合は、 作成します。
  4. アカウントの選択 画面で、 Cloud Pak for Data as a Service を使用したいアカウントとリソース・グループを選択してください。 既存のサービスがあるアカウントに属している場合は、自分のアカウントの代わりにそのアカウントを選択できます。 アカウントとリソース・グループが 1 つしかない場合、 「アカウントの選択」 画面は表示されません。
  5. 「Continue」をクリックします。 アカウントのアクティブ化プロセスが開始されます。

注: アクティベーション・プロセス中は、デフォルトのブラウザーを使用してください。 IBM Cloud ダッシュボードに移動した場合は、 「 Cloud Pak for Data as a Service)」 に戻り、既存のアカウントでログインするためのリンクをたどります。

アクティベーション・プロセスが完了すると、 Cloud Pak for Data as a Service のホーム・ページが表示されます。

このビデオを視聴して、Cloud Pak for Data as a Service に登録する方法を確認してください。

このビデオでは、本書に記載されている手順に従う代わりの方法として、視覚方式を提供します。

  • Time トランスクリプト
    00:00 このビデオは、 IBM Cloud Pak for Data as a Service を試す方法を示しています。
    00:06 Cloud Pak for Data as a Service は、 Watson Studio、 Watson Knowledge Catalog、および Watson Machine Learningを含む、 IBM Cloud上で完全に管理されるプラットフォーム・サービスのセットです。
    00:20 dataplatform.cloud.ibm.com では、アカウントを登録できます。
    00:27 まず、データとサービスをホストする予定のところに最も近い地域を選択してください。
    00:33 Cloud Pak for Data アカウントに登録すると、 IBM Cloud アカウントに自動的に登録します。
    00:41 IBM Cloud アカウントが既にある場合は、ご使用の IBMid を使用して Cloud Pak for Data に登録します。
    00:49 それ以外の場合は、 IBM Cloud アカウントの作成に使用するメール・アドレスを入力してください。
    00:58 次の画面で、IBM Cloud 登録ページにリダイレクトされます。
    01:03 最初に、基準を満たすセキュア・パスワードを指定します。
    01:09 次に、7 桁の確認コードが記載された E メールが届きます。
    01:14 このコードを E メールからコピーして、登録フォームに貼り付けます。
    01:21 次に、会社と課金先の情報を提供します。
    01:28 クレジット・カードの詳細を入力するよう求められますが、有料プランに登録するまで課金されません。
    01:38 ご使用条件を確認してから、アカウントを作成してください。
    01:44 次に、プライバシー・ポリシーを確認して同意します。
    01:49 次に、アカウントの作成に使用した資格情報を使用して Cloud Pak for Data にログインします。
    01:56 次に、会社名と電話番号の入力を求められます。
    02:01 その後、 IBM Cloud 資格情報を使用して IBM Cloud Pak for Data ユーザー・アカウントを作成するプロセスが閲覧されます。
    02:10 最後に、アカウントが正常に作成されたことが分かります。
    02:17 このアカウントには、1 つの IBM Cloud アカウントと 1 つのリソース・グループのみが関連付けられています。
    02:24 複数のアカウントが関連付けられている場合、または複数のリソース・グループを持つ 1 つのアカウントがある場合は、 Cloud Pak for Data アカウントのセットアップ中に、この画面が表示され、使用するアカウントとリソース・グループを選択するオプションが示されます。
    02:40 IBM Cloud では、カスタマイズ可能なグループでアカウントのリソースを編成する方法としてリソース・グループを使用します。そのため、一度に複数のリソースへのアクセス権限を迅速にユーザーに割り当てることができます。
    02:56 複数のクラウド・アカウントのメンバーである場合は、 Cloud Pak for Data as a Service で作業する際に必ず正しいアカウントを選択してください。
    03:07 お客様が使用できるサービス、および機能に対するお客様のアクセス役割は、現在のクラウド・アカウントによって決定されます。
    03:15 これで、 IBM Cloud Pak for Data as a Service で作業を開始する準備ができました。
    03:20 開始するには、ガイド付きチュートリアルを参照してください。
    03:26 Cloud Pak for Data as a Service の資料には他にもビデオがあります。

ホーム・ページをブックマークして、地域の Cloud Pak for Data as a Service サイトに直接アクセスし、個人の資格情報を使用してログインできるようにします。

自分のアカウントにいる場合は、サービス、プロジェクト、およびカタログを追加するための完全なアクセス権限に必要な権限を持っています。 そのアカウントへの切り替えによって別のアカウントにアクセスできます。

組織のアカウントをセットアップして、他のユーザーがサービスとリソースを共有できるようにするには、 組織のアカウントをセットアップするを参照してください。

組織の Cloud Pak for Data as a Service アカウントへの登録

Cloud Pak for Data as a Serviceに参加するには、組織の IBM Cloud アカウントのメンバーである必要があります。 アカウント管理者は、組織のクラウド・アカウントに参加するようにユーザーを招待できます。 ユーザーは招待 E メールを受信し、サインアップ・プロセスを完了します。

管理者は、以下の情報を提供します。

  • Cloud Pak for Data as a Service の IBM Cloud アカウント名。
  • Cloud Pak for Data as a Service アカウントのリソース・グループ名。
  • IBM Cloud サービス・リージョン。

IBM Cloud から「 IBM Cloudのアカウントに参加するよう招待されます」というタイトルの E メールが届きます。 アカウントの名前に置き換えます。

  1. 今すぐ参加する リンクをクリックしてください。 有効期限は 30 日です。
  2. IBMidを使用してログインするよう求められます。 IBMid は、 IBM Cloud アカウント・メンバーに割り当てられます。 IBMidがない場合は、参加時に IBMid が作成されます。
  3. 次の画面に進み、情報が正しいことを確認してから、招待を受け入れます。
  4. ようこそ 画面からログインしてください。 これで、 IBM Cloud アカウントにログインしました。
  5. カタログ をクリックし、 Cloud Pak for Dataを検索してください。 サービスとして開始 を選択して Cloud Pak for Data as a Service を開きます。

  6. 作業を開始するには、アバターの横のドロップダウン・メニューで正しいアカウントを選択してください。

メニュー・バーで、現在作業しているアカウントの名前を確認できます。 アカウント名

組織のアカウントへの切り替え

組織の既存の IBM Cloud アカウント (または自分がメンバーであるその他のアカウント) に切り替えて、そのアカウント用にプロビジョンされた Cloud Pak for Data as a Service サービスおよびリソースを共有できます。

まだアカウント・メンバーでない場合は、アカウント管理者が IBM Cloud アカウントに招待する必要があります。 アカウントに参加するための招待 E メールを受け取ります。 招待を受け入れると、アカウントと Cloud Pak for Data as a Service にアクセスできるようになります。

組織のアカウントに切り替えるには:

  1. 個人の資格情報を使用して Cloud Pak for Data as a Service にログインします。
  2. ホーム・ページのヘッダーにある 「アカウント・スイッチャー」 アカウント・スイッチャー・アイコン をクリックします。
  3. アカウント・リストから組織のアカウント名を選択します。
  4. オプション: ブラウザーの幅を広げるには、ドロップダウン・メニューからアカウントを選択します。

領域を切り替えるには

  1. ホーム・ページ・ヘッダーの 「Region Switcher」 リージョン・スイッチャー・アイコン をクリックします。
  2. サービスおよびプロジェクトを含む地域を選択します。
  3. オプション: ブラウザーの幅を広げるには、ドロップダウン・メニューから地域を選択します。

IBM Cloud App ID (ベータ) を使用した Cloud Pak for Data as a Service へのログイン

IBM Cloud App ID は、 IBM Cloud 上のユーザー認証を、他の ID プロバイダーでホストされているユーザー・レジストリーと統合します。 IBM Cloud アカウント用に App ID が構成されている場合、管理者が Cloud Pak for Data as a Serviceにログインするための別名を提供します。 App IDを使用する場合、 IBM Cloudにサインインする必要はありません。 代わりに、 App ID 別名を使用して Cloud Pak for Data as a Service にログインします。

App IDを使用してログインする場合、アカウントを切り替えることはできません。

App IDを使用してログインするには、以下のようにします。

  1. https://dataplatform.cloud.ibm.com をクリックして、 Cloud Pak for Data as a Serviceを開きます。
  2. App ID (ベータ) を使用してログインすることを選択します。
  3. 管理者から提供された別名を入力します。 会社のログイン・ページにリダイレクトされます。
  4. 会社のログイン・ページで会社の資格情報を入力します。 Cloud Pak for Data as a Serviceにリダイレクトされます。

今後のログインのために App ID 別名を保存するには、 「Remember App ID」 チェック・ボックスを選択します。

次のステップ

使用を開始 に戻り、適切なパスを選択してください。

もっと見る

親トピック: 入門