Watson Query サービスのセットアップ

Watson Query サービスをデプロイするには、 Watson Query サービス・インスタンスを作成する必要があります。 Cloud Pak for Data as a Service の Watson 照会をプロビジョンするには、以下の手順に従います。

  1. サービス・インスタンスのプロビジョン
  2. オプション: IAM サービス資格情報を作成する

ステップ 1: サービス・インスタンスをプロビジョンする

必要な許可 IBM Cloud アカウントの所有者または管理者でなければなりません。

Watson 照会サービスを作成するには:

  1. 必要に応じて、 IBM Cloud にログインし、 IBM Cloud アカウントを Pay-as-you-go にアップグレードします。 詳しくは、 IBM Cloud アカウントのセットアップを参照してください。
  2. プロモーション・コードがある場合は、 IBM Cloud コンソールから 管理 > 課金および使用量 に移動し、 プロモーション を選択して、プロモーション・クレジットのプロモーション・コードを使用に適用します。
  3. Cloud Pak for Data as a Service コンソールから、 サービス > サービス・カタログに移動してください。
  4. Watson 照会を選択してください。
  5. 地域を選択し、料金プランを選択し、リソースを構成して、 作成をクリックしてください。

ステップ 2: IAM サービス資格情報を作成する

Watson Query は、 IBM Cloud 資格情報を使用してサービスに接続します。 多くの Watson 照会ツールを使用するには、サービス資格情報が必要です。 IBM Cloudで Watson Query サービスを作成した後、IAM サービス資格情報を作成できます。

必要な許可 IBM Cloud アカウントの所有者または管理者でなければなりません。

IAM サービス資格情報を作成するには:

  1. Cloud Pak for Data as a Service コンソールから、 サービス > サービス・インスタンス に移動し、 Watson Query サービス・インスタンスをクリックしてください。
  2. サービス・インスタンスの詳細ページで、 サービス資格情報をクリックしてください。
  3. 資格情報がリストされていない場合は、以下のステップを実行します:
    1. 「新規資格情報」をクリックします。
    2. 「追加」をクリックします。
  4. サービス資格情報を展開し、クリップボードにコピーします。 これらの資格情報は後で接続を構成するために必要になるため、資格情報をテキスト・ファイルに保存したいです。

次のステップ

  1. プラットフォームのセットアップの残りのステップを完了してください。
  2. Watson Query でのユーザーおよびグループの役割を確認してくださいてください。

親トピック: 管理者用のプラットフォームのセットアップ