0 / 0
資料の 英語版 に戻る
プロジェクトの作成

プロジェクトの作成

プロジェクトを作成して、特定の目標 (モデルの作成など) を達成するために、データやその他のリソースの処理についてチームとコラボレーションします。

サンドボックス・プロジェクト は、 watsonx.aiに登録すると自動的に作成されます。

空のプロジェクトを作成することも、サンプル・データやその他の資産を提供するサンプル・プロジェクトから開始することも、または以前にエクスポートしたプロジェクトをインポートすることもできます。 プロジェクトのインポートを参照してください。 データ・センターごとに作成できるプロジェクトの数は 100 です。

プロジェクト・リソースには、データ、コラボレーター、ツール、コードを実行する資産 (ノートブックやモデルなど)、およびその他のタイプの資産を含めることができます。

要件と制約事項

プロジェクトを作成する前に、ストレージの要件とプロジェクト名を理解しておいてください。

ストレージ要件 : 資産を保管するには、 IBM Cloud Object Storage インスタンス をプロジェクトに関連付ける必要があります。 各プロジェクトには、プロジェクトの資産を保持するための別個のバケットがあります。 IBM Cloud Object Storage インスタンスの管理者ではない場合は、このインスタンスがプロジェクトの作成を許可するように構成されている必要があります。 新規プロジェクトが作成されると、 Cloud Object Storage バケットはデフォルトで地域の回復力になります。 地域バケットは、同じ大都市圏内にある複数のデータ・センターにデータを分散します。 これらのデータ・センターのいずれかで障害や破壊が発生しても、可用性とパフォーマンスは影響を受けません。

プロジェクト名の要件 : プロジェクト名は、以下の要件に従う必要があります。:-アカウント内で固有でなければなりません。 :-1 から 255 文字でなければなりません。 :-次の文字を含めることはできません:% \:-先頭または末尾に下線 (_) を含めることはできません。 :-先頭または末尾にスペースを含めることはできません。 先頭または末尾のスペースは自動的に切り捨てられます。

プロジェクトの作成

プロジェクトを作成するには、以下のようにします。

  1. ナビゲーション・メニューから 「プロジェクト」>「すべてのプロジェクトを表示」 を選択し、 「新規プロジェクト」をクリックします。
  2. 空のプロジェクトを作成するか、またはエクスポートしたプロジェクト・プロファイルあるいはサンプル・プロジェクトに基づいてプロジェクトを作成するかを選択します。
  3. ファイルまたはサンプルからプロジェクトを作成する場合は、プロジェクト・ファイルをアップロードするか、サンプル・プロジェクトを選択します。 プロジェクトのインポートを参照してください。
  4. 新規プロジェクトを作成することを選択した場合は、 「新規プロジェクト」 画面で名前を追加します。
  5. プロジェクトに機密のマークを付けることができます。 プロジェクトには機密タグがあり、プロジェクト・コラボレーターはデータ資産をプロジェクトから移動できません。 プロジェクトの作成後にこの設定を変更することはできません。
  6. 既存の オブジェクト・ストレージ・サービス・インスタンス を選択するか、または新規作成します。
  7. 「作成」 をクリックします。 プロジェクトへのリソースの追加を開始できます。

プロジェクトのオブジェクト・ストレージ・バケット名は、スペースまたは英数字以外の文字と固有 ID を含まないプロジェクト名に基づいています。

このビデオを視聴して、空のプロジェクト、インポートされたプロジェクト、およびサンプルからのプロジェクトを作成する方法を確認してください。

このビデオは、本書の概念とタスクを学習するためのビジュアル・メソッドを提供します。

   

次のステップ

詳細情報

親トピック: プロジェクト

生成 AI の検索と回答
これらの回答は、製品資料の内容に基づいて、 watsonx.ai のラージ言語モデルによって生成されます。 詳細