0 / 0
資料の 英語版 に戻る
IBM watsonx as a Service プラットフォームと Cloud Pak for Data as a Service プラットフォームの切り替え

IBM watsonx as a Service プラットフォームと Cloud Pak for Data as a Service プラットフォームの切り替え

Cloud Pak for Data as a Service ユーザーは、 IBM watsonx as a Service にアクセスでき、2 つのプラットフォームを切り替えることができます。

重要:ファウンデーション・モデルの推論と、ファウンデーション・モデルを処理するためのプロンプト・ラボ・ツールは、ダラスとフランクフルトのリージョンでのみ使用できます。 Watson Studio および Watson Machine Learning サービス・インスタンスは、 watsonx と Cloud Pak for Data as a Serviceの間で共有されます。 Watson Studio および Watson Machine Learning サービス・インスタンスが別のリージョンにプロビジョンされている場合は、ファウンデーション・モデルの推論やプロンプト・ラボを使用できません。

watsonx のみに登録した場合は、 Cloud Pak for Data as a Service に切り替えることができず、 「プラットフォームの切り替え (Switch platform)」 オプションもありません。 Cloud Pak for Data as a Serviceに切り替えるには、登録する必要があります。

プラットフォームを切り替えるには:

  1. IBM watsonx as a Service または Cloud Pak for Data as a Serviceにログインします。 リージョンはダラスでなければなりません。
  2. プラットフォームのホーム・ページで、アバターの横にある 「プラットフォームの切り替え (Switch platform)」 アイコン (スイッチ・プラットフォーム・アイコン) をクリックし、プラットフォームを選択します。

サービス・インスタンスとリソース使用量

プラットフォームを切り替える場合は、引き続き同じ Watson Studio サービス・インスタンスと Watson Machine Learning サービス・インスタンスを使用します。

これらのサービス・インスタンスごとに消費するリソースは累積されます。 例えば、7 月の前半に、 Cloud Pak for Data as a Service 上の Watson Studio に 3 つの CUH を使用するとします。 次に、7 月後半に watsonx に切り替えて、 Watson Studio に 3 CUH を使用します。 7 月の Watson Studio サービスの合計 CUH は 6 CUH です。

プラットフォーム間でのプロジェクトおよびデプロイメント・スペースの切り替え

プロジェクトまたはデプロイメント・スペースが要件および制約事項を満たしている場合は、そのプロジェクトまたはスペースを一方のプラットフォームから他方のプラットフォームに切り替えることができます。 プロジェクトのプラットフォームの切り替え および デプロイメント・スペースのプラットフォームの切り替えを参照してください。

Platform assets catalog

2 つのプラットフォーム間で単一の Platform assets catalog を共有し、 Platform assets catalog に以前に追加された接続資産または新しく追加された接続資産が両方のプラットフォームで使用可能になります。 ただし、 Cloud Pak for Data as a Service上の Platform assets catalog に他のタイプの資産を追加した場合、 watsonx上のそれらのタイプの資産にアクセスすることはできません。

通知

通知はプラットフォームごとに固有です。

もっと見る

親トピック: Cloud Pak for Data as a Service

生成 AI の検索と回答
これらの回答は、製品資料の内容に基づいて、 watsonx.ai のラージ言語モデルによって生成されます。 詳細