0 / 0
資料の 英語版 に戻る
IBM watsonx as a Service の概要

IBM watsonx as a Service の概要

IBM watsonx as a Service は、組織の信頼できるデータにアクセスし、AI プロセスを自動化し、アプリケーションで AI を提供できる、安全でコラボレーティブな環境です。 IBM watsonx.ai コンポーネントは、基盤モデルを採用した生成 AI 機能と機械学習モデルを構築するための統合ツールのスタジオを提供します。 IBM watsonx.governance コンポーネントは、責任ある、透明性のある説明可能な AI ワークフローを加速するために、機械学習モデルと生成 AI モデルのエンドツーエンド・モニターを提供します。

AI エンジニア、データ・サイエンティスト、AI リスクおよびコンプライアンス担当者は、 watsonx.ai および watsonx.governance: を使用して以下の目標を達成できます。

  • 機械学習モデルの構築 オープン・ソース・フレームワークと、コード・ベース、自動化、またはビジュアル・データ・サイエンス・ツールを使用して、モデルを構築します。

  • 基盤モデルを使用した開発 入力テキストからコンテンツを生成、分類、要約、または抽出するためのプロンプトを生成します。 IBMモデルまたはHugging Faceのオープン・ソース・モデルから選択します。 ファウンデーション・モデルを調整して、プロンプト出力をカスタマイズします。

  • AI ライフサイクルの管理 AI モデルをトレーニング、検証、デプロイするためのすべての統合ツールとランタイムを使用して、AI モデル・ライフサイクル全体を管理および自動化します。

  • AI の管理 AI モデルの詳細な履歴を追跡し、モデル出力を評価して、コンプライアンスを確保します。

データ・エンジニアは、 IBM watsonx.dataを使用して、レイクハウス・アーキテクチャーでエンタープライズ・データを収集、保管、照会、および分析できます。 IBM watsonx.data の資料を参照してください。

以下の図は、統合されたユーザー・エクスペリエンスを提供する共通コア機能に加えて、 watsonx.ai および watsonx.governance コンポーネントの機能を示しています。 watsonx.data エクスペリエンスは独立しており、グラフィックには表示されません。

前後の本文で説明されています。

Watsonx.ai

Watsonx.ai には、データとモデルを処理するためのツール、生成 AI 用にデプロイされた基盤モデル、コンピューティングと推論のためのハードウェアとソフトウェアのリソースが含まれています。

watsonx.aiを紹介する短いビデオをご覧ください。

データを準備し、モデルを処理するためのツール

watsonx.ai ツールは、プロジェクトと呼ばれるコラボレーション・ワークスペース内にあります。

watsonx.ai ツールを使用して、以下の方法でデータを準備し、モデルを処理することができます。

  • データの準備: リモート・データ・ソース内のデータ・ファイルまたはデータ・テーブルを絞り込んだり視覚化したり、合成表データを生成したりします。
  • 機械学習モデルの作成: Python または R で、モデル候補の自動生成、機械学習モデル・トレーニング・フローの作成、またはモデル・トレーニング・コードの作成を行います。
  • ファウンデーション・モデルの処理: 生成 AI プロンプトを使用して実験を行い、ユース・ケースに合わせてファウンデーション・モデルを調整するか、 Pythonで生成 AI ソリューション・コードを作成します。
  • モデル・ライフサイクルの自動化: ノートブック、 Data Refinery、および機械学習パイプラインを自動化する、反復可能なスケジュール済みフローを作成します。

ツールのリスト、それらの自動化レベル、およびそれらを使用してデータを準備したりモデルを操作したりできるかどうかについては、 データの分析とモデルの操作を参照してください。 生成 AI ツールについては、 生成 AI ソリューションの開発を参照してください。

デプロイされた基盤モデル

IBM watsonx.ai には、生成 AI 用にさまざまな大規模な言語モデルがデプロイされています。 デプロイされたファウンデーション・モデルには、Hugging Face モデルおよび IBM ファウンデーション・モデルのオープン・ソース・モデルが含まれます。 推論のユース・ケースに適した基盤モデルを選択できます。 ファウンデーション・モデルをチューニングすることで、ファウンデーション・モデルの動作をカスタマイズできます。

watsonx.aiにデプロイされているサポートされるファウンデーション・モデルのリストについては、 サポートされるファウンデーション・モデルを参照してください。

コンピューティングおよび推論のための使用量リソース

サービス・プランによっては、1 カ月当たりの使用量リソースが設定されている場合や、消費したリソースに対して課金される場合があります。

watsonx.aiでツールを実行すると、以下のタイプのリソースが消費されます。

使用量の計算
モデルまたはデプロイメントをトレーニングまたは調整するジョブ、ノートブック、エクスペリメントを実行すると、計算リソースの使用量は、ランタイム環境とそのアクティブ期間の比率に基づいて計算されます。 計算リソースには、ワークロードに固有の適切なハードウェアおよびソフトウェアが含まれます。 計算使用量は、キャパシティー・ユニット時間で測定されます。 プロジェクトでツールを実行するためのコンピュート・リソースの選択を参照してください。
推論の使用
ファウンデーション・モデルに対して推論を実行する場合、推論の使用量は、プロンプト入出力テキスト内のトークンの合計にファウンデーション・モデルの率を乗算して計算されます。 トークンは、テキストの基本単位です。 推論はリソース単位で測定されます。 リソース単位の計測を参照してください。

Watsonx.governance

Watsonx.governance には、モデルを管理するためのツールと、モデルを評価および説明するための使用リソースが含まれています。

watsonx.governanceを紹介する短いビデオをご覧ください。

モデルを管理するためのツール

watsonx.governance ツールを使用すると、以下の方法でモデルを管理できます。

  • モデルのモニターおよび評価: モデル出力をモニターし、モデル予測を説明することができます。 watsonx.governance モデルのモニターおよび評価ツールは、プロジェクトおよびデプロイメント・スペースにあります。

  • AI ユース・ケースの追跡と文書化: モデルのライフサイクル状況、一般的なモデルとデプロイメントの詳細、トレーニング情報とメトリック、およびデプロイメントのメトリックを表示できます。 AI ユース・ケースでの watsonx.governance モデル・トラッキング・ツール。

  • ガバナンス・コンソールからのガバナンス・アクティビティーの管理 オプションで、 IBM OpenPagesの watsonx Governance Console と統合します。 ファクト・シートからのデータをガバナンス・コンソールと同期し、ワークフローやその他のコンプライアンス・ツールを使用してガバナンス機能を拡張します。

モデル評価および説明のための使用リソース

watsonx.governanceを使用してモデルの評価と説明を実行すると、リソースが消費されます。 サービス・プランによっては、1 カ月当たりの使用量リソースが設定されている場合や、消費したリソースに対して課金される場合があります。 リソース使用量は、モデルの評価と説明の数に基づいて計算されます。 評価および説明は、リソース単位で測定されます。

共通コア機能

Watsonx には、組織が効率的にコラボレーションするためのセキュアでスケーラブルな基盤として、 IBM Cloud Pak for Data の以下のコア機能が含まれています。

  • 接続性
  • 管理
  • ストレージ
  • ワークスペース
  • リソース・ハブ

接続性

リモート・データ・ソースへの接続を作成し、接続されたデータをインポートすることができます。 個人資格情報または共有資格情報を使用して接続を構成できます。 サポートされるコネクターのリストについては、 コネクターを参照してください。

Platform assets catalogで、プラットフォーム全体で他のユーザーと接続を共有できます。

管理

以下の管理機能は、セキュリティーと柔軟性を提供します。

ソフトウェアおよびハードウェア

Watsonx は、 IBM Cloud上の IBM によって完全に管理されます。 ソフトウェア更新は自動的に行われます。 使用リソースとストレージのスケーリングは自動的に行われます。

セキュリティー、コンプライアンス、および分離

watsonx のデータ・セキュリティー、ネットワーク・セキュリティー、セキュリティー標準コンプライアンス、および分離は、 IBM Cloudによって管理されます。 データは保存中も移動中も暗号化されます。 追加のセキュリティーと暗号化のオプションをセットアップできます。

watsonxでの作業 (作成するデータやモデルを含む) は、お客様のアカウントにプライベートになります。 お客様のデータやモデルに IBM やその他の個人や組織がアクセスしたり、使用したりすることはありません。

セキュリティーとオプションについて詳しくは、以下を参照してください。

サービスのプロビジョニング

watsonx プラットフォームの Watsonx.ai には、 Watson Studio、 Watson Machine Learning、および IBM Cloud Object Storage サービスが含まれています。 watsonx プラットフォームの Watsonx.governance には、 watsonx.governance サービスが含まれています。

watsonx サービス・カタログから、データ・ソース・サービスなどのサービスを追加できます。 『IBM Cloud サービスの作成と管理』を参照してください。

ユーザーの管理

IBM Cloud Identity and Access Management を使用して、ユーザーおよびユーザー・グループを追加し、アカウントの役割と権限を管理します。 プラットフォーム全体の各コラボレーション・ワークスペース内で役割を割り当てます。 ユーザーおよびアクセス権限の管理を参照してください。

ストレージ

IBM Cloud Object Storage サービス・インスタンスは、ユーザーが作成またはワークスペースに追加する資産のストレージを提供するために、自動的にプロビジョンされます。 IBM Cloud Object Storage に保管されている情報は暗号化されており、回復力があります。 各ワークスペースには、専用のバケットがあります。 「 ワークスペースのオブジェクト・ストレージ」を参照してください。

ワークスペース

Watsonx は、チームや組織で作業できるコラボレーション・ワークスペースのセットとして編成されています。 各ワークスペースには、アクションを実行する権限を提供するロールを持つメンバーのセットがあります。

ほとんどのユーザーは、ユーザーによってワークスペースに作成または追加された項目である資産を処理します。 資産は、データ、モデル、またはその他のタイプのコードまたは情報を表すことができます。 データ資産には、データを表すメタデータが含まれています。 モデルなどのツールで作成した資産は、データを処理するためにコードを実行します。 また、メタデータ、履歴、およびモデルに関するレポートを含むモデル・ユース・ケースなど、他の資産に関する情報を含む資産を作成することもできます。 「 資産タイプおよびプロパティー」を参照してください。

watsonxでは、以下のタイプのワークスペースで作業できます。

  • プロジェクト
  • 展開スペース
  • プラットフォーム接続
  • AIユース・ケース

自分が属するすべてのワークスペースで資産を検索できます。

プロジェクト

プロジェクトは、データ・サイエンスおよびモデル・ビルダー・チームがデータを処理して、保存されたプロンプト、ノートブック、モデル、またはパイプラインなどの資産を作成する場所です。 最初のプロジェクト (サンドボックス・プロジェクトと呼ばれる) は、 watsonx.aiに登録すると自動的に作成されます。 サンドボックス・プロジェクトを参照してください。

以下の図は、プロジェクトの「概要」ページがどのように表示されるかを示しています。

プロジェクトの「概要」ページ

展開スペース

デプロイメント・スペースは、 ModelOps チームがモデルおよびその他のデプロイ可能な資産を実動にデプロイし、実動でのデプロイメントをテストおよび管理する場所です。 プロジェクトでモデルおよびデプロイ可能資産を作成した後、それらをデプロイメント・スペースにプロモートします。 詳しくは、デプロイメント・スペースを参照してください。

以下の図は、デプロイメント・スペースの「概要」ページの外観を示しています。

デプロイメント・スペースの「概要」ページ

プラットフォーム接続

プラットフォーム接続は、接続資産をリストする Platform assets catalog のビューです。 任意のプロジェクトまたはデプロイメント・スペースでプラットフォーム接続にアクセスできます。

以下の画像は、プラットフォーム接続の 「接続」 ページがどのように表示されるかを示しています。

プラットフォーム接続の「接続」ページ

AIユース・ケース

AI ユース・ケースは、モデル・ユース・ケースをリストする Platform assets catalog のビューです。 ユース・ケースでは、AI 資産の詳細をファセット・シートで追跡します。

以下の画像は、 「AI ユース・ケース」 ページがどのように表示されるかを示しています。

AIユース・ケース

リソース・ハブ

Watsonx には、デプロイされたファウンデーション・モデル、データ資産、プロンプト、ノートブック、およびサンプル・プロジェクトを提供するサンプルの統合コレクションが含まれています。 サンプル・ノートブックには、データ・サイエンスと機械学習のコードの例が記載されています。 サンプル・プロジェクトには、データ、モデル、その他の資産のセット、および特定のビジネス問題の解決方法に関する詳細な説明が含まれています。

以下のイメージは、リソース・ハブの外観を示しています。

「サンプル」ページ

リソース・ハブのツアーを見るには、このビデオをご覧ください。

このビデオは、この資料の概念とタスクを学習するための視覚的な方法を提供します。

詳細情報

生成 AI の検索と回答
これらの回答は、製品資料の内容に基づいて、 watsonx.ai のラージ言語モデルによって生成されます。 詳細