0 / 0
資料の 英語版 に戻る
IBM watsonx as a Service の概要

IBM watsonx as a Service の概要

IBM watsonx.ai または IBM watsonx.governance に登録し、チュートリアル、リソース、ツールを探索して、モデルやガバナンス・モデルの操作をすぐに開始することができます。 管理者は、組織用に watsonx をセットアップする手順に従います。

作業の開始

作業を開始するには:

  1. まだ登録していない場合は、 watsonx.ai または watsonx.governanceに 登録 します。
  2. watsonx ホーム・ページのタスク・タイルをクリックして、作業を開始します。 例えば、 「ファウンデーション・モデルを使用した実験とプロンプトの作成」 をクリックして、プロンプト・ラボを開きます。 次に、サンプル・プロンプトを選択し、実験を開始します。 作業を保存する最初のプロジェクトは、自動的に作成されます。 ご使用のサンドボックス・プロジェクトを参照してください。
  3. リソースの探索:
    • クイック・スタート・チュートリアル に参加する
    • ノートブック、プロンプト、またはサンプル・プロジェクトを試すには、ホーム・ページの 「サンプル」 領域でカテゴリーをクリックします。

既存の Cloud Pak for Data as a Service ユーザーは、 watsonxに切り替えることができます。

プラットフォームを管理者としてセットアップする

組織用に watsonx プラットフォームをセットアップするには、 管理者としてのプラットフォームのセットアップを参照してください。

watsonx の詳細はこちら

watsonxを理解するには、以下のリソースから始めます。

その他の情報:

生成 AI の検索と回答
これらの回答は、製品資料の内容に基づいて、 watsonx.ai のラージ言語モデルによって生成されます。 詳細