0 / 0
資料の 英語版 に戻る
クイック・スタート: データを仮想化する

クイック・スタート: データを仮想化する

Watson Query を使用して、1 つ以上の表のデータをセグメント化または結合する仮想表を作成できます。 Watson Query は、複数のデータ・ソースをデータ・ソースまたはデータベースの単一のセルフ・バランス・コレクションに接続します。 Watson 照会ツールについて読み、ビデオを見て、データの仮想化に関する知識はあるがコーディングは必要ないユーザーに適したチュートリアルを学習します。

必要なサービス
Watson Query
オプションのサービス
Watson Studio
IBM Knowledge Catalog

基本的なワークフローには、以下のタスクが含まれます:

  1. サービスをプロビジョンし、サービス資格情報を作成します。
  2. 複数のデータ・ソースにデータベースを作成し、データベースの詳細と資格情報を収集します。
  3. データ・ソースに接続を追加します。
  4. すべてのデータ・ソースからのデータを結合して、仮想オブジェクトを作成します。
  5. 仮想オブジェクトへのアクセスを管理します。
  6. 仮想化されたデータをカタログおよびプロジェクトに追加します。
  7. IBM Db2 Data Management Consoleを使用してサービス・インスタンスをモニターします。

Watson 照会について読む

Watson 照会サービスを使用すると、複数のデータ・ソースへの接続、仮想資産の作成と管理、および仮想化データの取り込みを行うことができます。

Watson Query の詳細を読む

Watson Query に関するビデオを見る

ビデオを見る このビデオを見て、 Watson 照会サービスを使用してプロジェクトまたはカタログにデータを仮想化する方法を確認してください。

このビデオは、本書の概念とタスクを学習するためのビジュアル・メソッドを提供します。


データを仮想化するチュートリアルを試す

このチュートリアルでは、以下のタスクを実行します:

このチュートリアルを完了するための所要時間は約 30 分です。




  • ビデオ・ピクチャー・イン・ピクチャーの使用

    ヒント: ビデオを開始してから、チュートリアルをスクロールすると、ビデオはピクチャー・イン・ピクチャー・モードに移行します。 ピクチャー・イン・ピクチャーを最大限に活用するには、ビデオの目次を閉じます。 ピクチャー・イン・ピクチャー・モードを使用して、このチュートリアルのタスクを完了する際にビデオをフォローすることができます。 後続の各タスクのタイム・スタンプをクリックします。

    以下のアニメーション・イメージは、ビデオ・ピクチャー・イン・ピクチャーおよび目次機能の使用方法を示しています。

    ピクト・イン・ピクチャーおよび章の使用法

    コミュニティーでのヘルプの利用

    このチュートリアルでヘルプが必要な場合は、 Cloud Pak for Data コミュニティー・ディスカッション・フォーラムで質問したり、回答を見つけたりすることができます。

    ブラウザー・ウィンドウのセットアップ

    このチュートリアルを最適に実行するには、1 つのブラウザー・ウィンドウで Cloud Pak for Data を開き、このチュートリアル・ページを別のブラウザー・ウィンドウで開いたままにして、2 つのアプリケーションを簡単に切り替えることができます。 2 つのブラウザー・ウィンドウを横並びに配置して、見やすくすることを検討してください。

    横並びのチュートリアルと UI

    ヒント: ユーザー・インターフェースでこのチュートリアルを実行しているときにガイド・ツアーが表示された場合は、 「後で行うこともあります」をクリックします。

    上に戻る


  • プレビュー・チュートリアル・ビデオ このタスクをプレビューするには、 00:10から始まるビデオをご覧ください。

    仮想化データを保管するためのプロジェクトが必要です。 以下のステップに従って、既存のプロジェクトを開くか、新規プロジェクトを作成します。

    1. Cloud Pak for Data ナビゲーション・メニュー ナビゲーション・メニューから、 「プロジェクト」>「すべてのプロジェクトを表示」 を選択します。

    2. 既存のプロジェクトをを持っている場合は、それを開きます。

    3. 既存のプロジェクトがない場合は、 「新規プロジェクト」をクリックします。

    4. 「空のプロジェクトの作成」を選択します。

    5. プロジェクトの名前と説明 (オプション) を入力します。

    6. 既存の オブジェクト・ストレージ・サービス・インスタンス を選択するか、または新規作成します。

    7. 「作成」 をクリックします。

    詳しくは、またはビデオを視聴するには、 プロジェクトの作成を参照してください。

    チェックポイント・アイコン 進行状況を確認してください

    以下の画像は、新しい空のプロジェクトを示しています。

    以下のイメージは、新しい空のプロジェクトを示しています。


    上に戻る


  • プレビュー・チュートリアル・ビデオ このタスクをプレビューするには、 00:32から始まるビデオをご覧ください。

    このチュートリアルには、 Watson Query サービス、およびオプション・サービス Watson Studio と IBM Knowledge Catalogが必要です。 以下の手順に従って、これらのサービスを作成します。

    1. ナビゲーション・メニュー ナビゲーション・メニューで、 「サービス」>「サービス・インスタンス」をクリックします。

    2. Watson 照会 サービスがリストされている場合は、別のインスタンスをプロビジョンする必要はありません。 そうでない場合は、以下のステップに従ってください。

      1. 「サービスの追加」をクリックします。

      2. Watson 照会を選択してください。

      3. Watson 照会の ライト プランを選択してください。

      4. 「作成」 をクリックします。

    3. サービス・インスタンス ページでサービスがプロビジョンされていることを確認します。

    詳しくは、 Cloud Pak for Data as a ServiceのWatson Queryを参照してください。

    チェックポイント・アイコン 進行状況を確認してください

    以下のイメージは、プロビジョンされたサービスを示しています。

    以下のイメージは、プロビジョンされたサービスを示しています。


    上に戻る


  • プレビュー・チュートリアル・ビデオ このタスクをプレビューするには、 00:58から始まるビデオをご覧ください。

    データを仮想化する前に、データ・ソースへの接続を作成する必要があります。 Watson Queryで接続を作成するには、以下の手順を実行します。

    1. ナビゲーション・メニュー ナビゲーション・メニューから、 「データ」 > Data virtualizationを選択します。 構成された データ・ソース のリストが表示されます。

    2. 接続の追加 > 新規接続をクリックしてください。

    3. Db2 Warehouse on Cloudを選択し、 「選択」をクリックします。

    4. 以下の情報を使用して、接続の詳細を入力します。

      • 名前: Db2 Warehouse
      • データベース: BLUDB
      • ホスト名または IP アドレス: db2w-ruggyab.us-south.db2w.cloud.ibm.com
      • ポート: 50001
      • ユーザー名:CPDEMO
      • Password: DataFabric@2022IBM
      • 「ポートは SSL 対応 (Port is SSL-enabled)」 チェック・ボックスを選択します。
    5. 「テスト」をクリックします。

    6. 「作成」 をクリックします。

    詳しくは、 Watson Queryを参照してください。

    チェックポイント・アイコン 進行状況を確認してください

    以下の画像は、「データ・ソース」ページを示しています。

    次の画像は、「データ・ソース」ページを示しています。


    上に戻る


  • プレビュー・チュートリアル・ビデオ このタスクをプレビューするには、 01:45から始まるビデオをご覧ください。

    接続を定義すると、そのデータ・ソースからのデータを仮想化できます。 以下のステップに従って、仮想化データに表を追加します。

    1. Watson Query メニューから、 「仮想化」>「仮想化」を選択し、使用可能な表がロードされるのを待ちます。

    2. リストから 顧客 表と 営業 表を見つけて選択し、 カートに追加をクリックしてください。

    3. カートの表示をクリックしてください。

    4. 「プロジェクトに割り当て」 フィールドをクリアします。 これにより、2 つの表が仮想化データのリストに追加されますが、プロジェクトには追加されません。 後で、仮想化データをプロジェクトに追加します。

    5. 仮想化をクリックしてください。

    6. 「確認 (Confirm)」をクリックします。

    7. 「仮想化データに移動」をクリックします。

    詳しくは、 Watson Queryを参照してください。

    チェックポイント・アイコン 進行状況を確認してください

    以下の画像は、「マイ仮想化データ」ページを示しています。

    以下のイメージは、「My 描かれた仮想化データ」ページを示しています。


    上に戻る


  • プレビュー・チュートリアル・ビデオ このタスクをプレビューするには、 02:43から始まるビデオをご覧ください。

    次に、以下の手順に従って 2 つの表を結合し、仮想化資産を作成してカタログとプロジェクトに公開します。

    1. 仮想化データ 画面で、リストから 顧客 表と 営業 表を選択し、 参加をクリックしてください。

    2. 表ごとに、 salesrep を検索します。

    3. 2 つの表の SALESREP_ID 列に接続します。

    4. 次へ をクリックします。

    5. 結合された表を確認し、 次へをクリックしてください。

    6. ビュー名の場合、joined_customers_sales_tableと入力します。

    7. リストからプロジェクトを選択します。

    8. カタログに公開 オプションにチェックして、カタログを選択します。

    9. 「ビューの作成」をクリックします。

    10. プロセスが完了したら、プロジェクトまたはカタログを閲覧して、仮想化データをプレビューできます。 プロジェクトまたはカタログ内のデータを表示するには、 IBM Cloud API キーが必要です。 IBM Cloud API キーの作成を参照してください。

    詳しくは、 Watson Queryでの仮想データの管理を参照してください。

    チェックポイント・アイコン 進行状況を確認してください

    以下の図は、カタログ内の仮想化データ資産を示しています。

    以下のイメージは、カタログ内の仮想化されたデータ資産を示しています。


    上に戻る

次のステップ

これで、仮想データを使用する準備ができました。 例えば、以下のいずれかのタスクを実行できます:

その他のリソース

親トピック: クイック・スタート・チュートリアル

生成 AI の検索と回答
これらの回答は、製品資料の内容に基づいて、 watsonx.ai のラージ言語モデルによって生成されます。 詳細