Watson Query のサービス・インスタンスのプロビジョン

Watson Query サービスをデプロイするには、Watson Query サービス・インスタンスを作成する必要があります。

Cloud Pak for Data as a Service によるプロビジョニング

Cloud Pak for Data as a Service コンソールから Watson Query サービスをプロビジョンできます。 Watson Query for Cloud Pak for Data as a Service をプロビジョンするには、以下の手順に従います。

  1. 必要に応じて、IBM Cloud にログインして、IBM Cloud アカウントを従量課金 (PAYG) にアップグレードします。 詳しくは、アカウントのアップグレードを参照してください。
  2. IBM Cloud コンソールから、 「管理」 > 「請求および使用量」に移動し、「プロモーション」を選択して、プロモーション・クレジットのプロモーション・コードを Watson Query の使用に適用します。
  3. Cloud Pak for Data as a Service コンソールから、「サービス」 > 「サービス・カタログ」に移動します。
  4. 「Watson Query」を選択します。
  5. リージョンを選択し、料金プランを選び、リソースを構成して、「作成」をクリックします。

カタログ、コマンド・ライン、または API からのプロビジョニング

デプロイメントをプロビジョンするには、サービスのカタログ・ページ にアクセスするか、コマンド・ラインまたは API にサービス ID を指定します。 デプロイメント・タイプはサービス ID によって決定されます。サービス ID は、コマンド・ラインまたは API を使用して Watson Query デプロイメントを作成するときに指定する必要があります。

デプロイメント・タイプ サービス ID プラン ID
Watson 照会 data-virtualization data-virtualization-enterprise

詳しくは、『サービス・インスタンスのプロビジョン』を参照してください。

親トピック: Watson 照会