0 / 0
資料の 英語版 に戻る
IBMCloud Object Storageサービスプラン

IBMCloud Object Storageサービスプラン

のCloud Object Storageサービスはワークスペース用のストレージ バケットを提供します。 選択したプランと使用する機能によってコストが変わります。

のIBMCloud Object Storageサービスには以下のプランがあります。

ライトプラン(30日間お試し)

2024 年 7 月 1 日以降、 Cloud Pak for Data as a Serviceの 30 日間の試用版に登録すると、 Cloud Object Storage ライト・プランが自動的にプロビジョンされます。 Lite プランは 30 日間の試用期間が終了すると期限切れになります。 試用期間中はいつでも、無料利用枠付きの標準プランにアップグレードできます。

Lite プランのストレージ制限は月あたり 25 GB です。

ライトプラン(廃止)

登録した場合Cloud Pak for Data as a Service2024年7月1日までに、Cloud Object Storage期間無制限の Lite プランが自動的にプロビジョニングされました。 Lite プランのストレージ制限は月あたり 25 GB です。

期間無制限の Lite プランは廃止され、2024 年 12 月 15 日に削除されます。 データおよびその他の資産を保持するには、2024 年 12 月 15 日より前に Cloud Object Storage サービスを標準プランにアップグレードする必要があります。 Cloud Object Storage プランを Standard にアップグレードしないと、2024 年 12 月 15 日以降にワークスペースにアクセスできなくなり、90 日後にデータが完全に削除されます。

2024 年 12 月 15 日までいつでも、Lite プランから Standard プランの無料レベルに切り替えることができます。 プランを切り替えるには、クラウド ドキュメント: サービス インスタンスを Lite プランから Standard プランにアップグレードするにはどうすればよいですか? 。 アップグレードする必要があるかもしれませんIBM Cloudスタンダードプランに切り替える前にアカウントを削除してください。 アカウントをアップグレードするには、更新するIBM Cloudアカウント

標準プラン

スタンダードプランは、最低料金のない従量課金制プランです。 標準プランには、12 か月間 5 GB の使用を許可する無料レベルを含む、ストレージ クラスの選択肢があります。 無料利用枠を選択するには、バケット ストレージ クラスに Smart Tier を選択します。 無料利用枠を超えて使用した分だけお支払いいただきます。

無料利用枠の許容量は、サインアップ日から 12 か月間、毎月次の使用量に制限されます。

  • 最大5GBのストレージ
  • 最大 20,000 件の GET リクエスト
  • 最大2000件のPUTリクエスト
  • 最大10 GBのデータ取得
  • 最大 5 GB のパブリック アウトバウンド

これらの制限は、すべてのSmart Tierバケットの合計に適用され、Cloud Object Storageアカウント内のインスタンス。 12 か月後、または無料利用枠の制限を超えた場合は、標準の従量課金制料金が請求されます。

データをアーカイブするには追加料金を支払う必要があります。

価格の詳細については、IBM Cloudドキュメント:IBMCloud Object Storage価格設定

ワンレートプラン

ワンレート プランでは、送信帯域幅とデータ アクセスの容量と組み込みの許容量を含む定額の月額料金が提供されます。 このプランは、ストレージ容量の割合として大量の送信帯域幅を持つアクティブなワークロードに最適です。

もっと見る

親トピック:IBMCloud Object Storage

生成 AI の検索と回答
これらの回答は、製品資料の内容に基づいて、 watsonx.ai のラージ言語モデルによって生成されます。 詳細