0 / 0
資料の 英語版 に戻る
Cloud Pak for Data as a Service のコンテンツおよび資料のアクセシビリティー機能
Cloud Pak for Data as a Service のコンテンツおよび資料のアクセシビリティー機能

Cloud Pak for Data as a Service のコンテンツおよび資料のアクセシビリティー機能

IBM はユーザー補助に取り組んでいます。 身体障がいをお持ちのユーザーのために、IBM Watson のコンテンツと資料にはコンプライアンスの指針に従ったユーザー補助機能が組み込まれています。 Cloud Pak for Data as a Service のユーザー・インターフェースは、全体ではありませんが、一部がアクセシビリティーに対応しています。 資料のみが製品全体の一部のサブセットに対応しています。

Cloud Pak for Data as a Service の資料は、最新の W3C 規格 WAI-ARIA 1.0 を使用して、United States Access Board Section 508 Standards および Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0 に準拠しています。

Cloud Pak for Data as a Service のオンライン製品資料は、アクセシビリティーに対応しています。 アクセシビリティー機能は、運動障害や視覚障害などの身体障がいを持つユーザーが情報技術製品を快適に使用できるようにサポートします。 資料は、支援技術で簡単にアクセスできるように、HTML 形式で提供されています。 Cloud Pak for Data as a Service のアクセシビリティー機能を使用して、以下のタスクを行うことができます。

  • スクリーン・リーダー・ソフトウェアおよびデジタル音声シンセサイザーを使用した、画面に表示されている内容の読み上げ。 HTML ベースの情報への支援テクノロジーの使用方法の詳細については、支援テクノロジーの製品資料を参照してください。
  • 画面拡大機能を使用して、画面に表示されている内容を拡大。
  • キーボードのみを使用して、特定の機能または画面を使用したのと同等の機能を操作。

IBM のアクセシビリティーへの取り組みについて詳しくは、IBM Accessibility を参照してください。

TTY サービス

標準の IBM ヘルプ・デスクとサポート Web サイトに加え、IBM は、耳の不自由なお客様が営業やサポート・サービスにアクセスするために使用できる TTY 電話サービスを立ち上げました。

800-IBM-3383 (800-426-3383) (北アメリカ)

追加のインターフェース情報

Cloud Pak for Data as a Service のユーザー・インターフェースには、1 秒当たり 2 回から 55 回明滅するコンテンツは含まれていません。

Cloud Pak for Data as a Service の Web ユーザー・インターフェースは、コンテンツを適切に表示して使いやすさを提供するためにカスケード・スタイルシートに依存しています。 視力の限られた方はオペレーティング・システムの表示形式の設定を調整したり、ハイコントラスト・モードなどの設定を使用したりできます。 フォント・サイズは、デバイスまたは Web ブラウザーの設定を使用して制御できます。

親トピック: Cloud Pak for Data as a Service