0 / 0
資料の 英語版 に戻る
プロジェクトでの SPSS Modeler のリソース・オプションの計算

プロジェクトでの SPSS Modeler のリソース・オプションの計算

プロジェクトで SPSS Modeler フローを実行する場合は、ランタイム環境の環境テンプレートを選択します。 環境テンプレートは、ハードウェア構成のタイプ、サイズ、および能力に加えて、ソフトウェア・テンプレートも指定します。

環境のタイプ

このタイプの環境は、 SPSS Modelerで使用できます。

  • 標準ワークロードのデフォルトの SPSS Modeler CPU 環境

デフォルトの環境テンプレート

プロジェクト内の SPSS Modeler 用に、以下のデフォルト環境テンプレートのいずれかを選択できます。 組み込まれている環境テンプレートは、プロジェクトの 「管理」 タブの 「環境」 ページの 「テンプレート」 の下にリストされます。

デフォルトの SPSS Modeler 環境テンプレート
名前 ハードウェア構成 ローカル・ストレージ 1 時間当たりの CUH 率
Default SPSS Modeler S 2 vCPU および 8 GB RAM 128 GB 1
Default SPSS Modeler M 4 vCPU および 16 GB RAM 128 GB 2
Default SPSS Modeler L 6 vCPU および 24 GB RAM 128 GB 3

環境を選択すると、そのプロジェクトで開かれている他の SPSS Modeler フローで同じランタイムが使用されます。 使用可能な SPSS Modeler 環境のハードウェア構成は事前設定されており、変更できません。

プロジェクトのコンピュート使用量

SPSS Modeler は、プロジェクト内の Watson Studio サービスから計算リソースを CUH として消費します。

Watson Studio CUH 使用量は、プロジェクトの 「管理」 タブの 「リソース使用量」 ページでモニターできます。

SPSS Modeler ランタイムの変更

処理が非常に遅いことに気付いた場合は、 SPSS Modeler を再始動して、より大規模な環境ランタイムを選択できます。

SPSS Modeler 環境ランタイムを変更するには、以下の手順を実行します。

  1. 別の環境に切り替える前に、現行セッションのデータを保存します。
  2. プロジェクトの 「管理」 タブにある 「環境」 ページの 「ツール・ランタイム」 で、アクティブな SPSS Modeler ランタイムを停止します。
  3. SPSS Modeler を再始動し、要件をより適切に満たす計算能力とメモリー容量を備えた別の環境を選択します。

詳細情報

親トピック: ツールのコンピュート・リソースの選択

生成 AI の検索と回答
これらの回答は、製品資料の内容に基づいて、 watsonx.ai のラージ言語モデルによって生成されます。 詳細