0 / 0
資料の 英語版 に戻る
プロジェクト内の RStudio の計算リソース・オプション
プロジェクト内の RStudio の計算リソース・オプション

プロジェクト内の RStudio の計算リソース・オプション

プロジェクトで RStudio を実行する場合は、ランタイム環境の環境テンプレートを選択します。 環境テンプレートは、ハードウェア構成のタイプ、サイズ、および能力に加えて、ソフトウェア・テンプレートも指定します。

環境のタイプ

このタイプの環境は、RStudio で使用できます:

  • 標準ワークロード用のデフォルトの RStudio CPU 環境です

デフォルトの環境テンプレート

プロジェクト内の RStudio 用に、以下のいずれかのデフォルト環境テンプレートを選択できます。 これらのデフォルト環境テンプレートは、プロジェクトの 「管理」 タブの 「環境」 ページの 「テンプレート」 の下にリストされます。 すべての環境テンプレートは、言語として R 3.6 を使用します。

Watson Studio で使用可能なデフォルトの RStudio 環境テンプレート
名前 ハードウェア構成 ローカル・ストレージ 1 時間当たりの CUH 率
Default RStudio L 16 vCPU および 64 GB RAM 2 GB 8
Default RStudio M 8 vCPU および 32 GB RAM 2 GB 4
Default RStudio XS 2 vCPU および 8 GB RAM 2 GB 1

環境を明示的に選択しない場合は、 Default RStudio M がデフォルトです。 使用可能な RStudio 環境のハードウェア構成は事前設定されており、変更できません。

: 大規模なデータ・セットで計算主体の処理を行う場合は、データ処理をプッシュして RStudio セッションから Spark することを検討する必要があります。 RStudio での Spark の使用を参照してください。

余分なキャパシティー・ユニット時間 (CUH) を消費しないようにするために、アクティブな RStudio ランタイムが不要になった場合は、すべて停止する必要があります。 RStudio アイドル・タイムアウトを参照してください。

プロジェクトのコンピュート使用量

RStudio は、プロジェクトの Watson Studio サービスの計算リソースを CUH として消費します。

Watson Studio CUH 使用量は、プロジェクトの 「管理」 タブの 「リソース使用量」 ページでモニターできます。

ランタイム・スコープ

RStudio 環境のランタイム・スコープは、常にプロジェクトとユーザーです。 各ユーザーが一度に持つことができる RStudio ランタイムは、プロジェクトごとに 1 つのみです。 既にアクティブな RStudio セッションがあるプロジェクトで RStudio を開始すると、既存のアクティブ・セッションは切断され、新規の RStudio セッションで作業を続行できます。

RStudio ランタイムの変更

処理が非常に遅いことに気付いた場合、RStudio を再始動し、より大きい環境ランタイムを選択できます。

RStudio 環境ランタイムを変更するには、以下のようにします。

  1. 別の環境に切り替える前に、現行セッションのデータを保存します。
  2. プロジェクトの 「管理」 タブの 「環境」 ページの 「ツール・ランタイム」 で、アクティブな RStudio ランタイムを停止します。
  3. プロジェクトのアクション・バーの Launch IDE メニューから RStudio を再始動し、データ処理要件により適した計算能力とメモリー容量を備えた別の環境を選択します。

もっと見る

親トピック: ツールのコンピュート・リソースの選択