計算リソースの管理

プロジェクトで 管理者 役割または 編集者 を持っている場合は、環境の管理タスクを実行できます。

アクティブ・ランタイムを停止する

余分なキャパシティー・ユニット時間 (CUH) を使用しないように、不要になったアクティブ・ランタイムは、すべて停止する必要があります。

Jupyter ノートブック・ランタイムは、ノートブックごとではなくユーザーごとに開始されます。 ノートブック・カーネルを停止しても、カーネルが開始された環境ランタイムは停止しません。この原因は同じ環境で他のノートブックを開始した可能性があると考えられます。 ノートブック・ランタイムを停止する必要があるのは、他のノートブック・カーネルがアクティブになっていないことが確実な場合のみです。

スケジュールされたジョブの完了後には、ジョブのために開始されたランタイムのみが自動的にシャットダウンされます。 例えば、ノートブックを 1 日に 1 回、2 カ月間実行するようにスケジュールする場合、ランタイム・インスタンスは、スケジュールされたジョブの期間中は毎日アクティブ化され、ジョブが完了した後に再度非アクティブ化されます。

管理者 役割を持つプロジェクト・ユーザーは、プロジェクト内のすべてのランタイムを停止できます。 編集者 役割でプロジェクトに追加されたユーザーは、開始したランタイムを停止できますが、他のプロジェクト・ユーザーのランタイムを停止することはできません。 ビューアー役割でプロジェクトに追加されたユーザーは、プロジェクト内のランタイムを閲覧できません。

ランタイムは、以下の場所から停止できます。

  • 環境ランタイム ページでは、 Watson Studio ナビゲーション・メニューから 「管理」>「環境ランタイム」 をクリックして、アカウントのすべてのプロジェクトにわたるすべてのアクティブ・ランタイムがリストされます。
  • プロジェクトの 管理 タブの 環境 ページでは、特定のプロジェクトのアクティブ・ランタイムがリストされます。
  • ノートブック・エディターで ノートブック情報の表示 をクリックしたときの環境 タブです。 ランタイム状況の下でランタイムを停止できます。

次のアイドル・タイムアウト:

Jupyter ノートブックのアイドル・タイムアウト

Jupyter ノートブック・ランタイムのランタイム・アイドル時間は、Watson Studio プランによって異なります。

計画 アイドル・タイムアウト
ライト - アイドルの停止時間:1 時間
- CUH 制限: 50 CUHs
Standard - アイドル停止時間: 1 時間
- CUH 制限: 制限なし
エンタープライズ - アイドル停止時間: 3 時間
- CUH 制限: 制限なし
すべてのプラン
無料ランタイム
- アイドル停止時間: 1 時間
- 最大存続時間: 12 時間

重要: ランタイムは、ノートブックごとではなくユーザーごとに開始されます。 ノートブック・カーネルを停止しても、カーネルが開始された環境ランタイムは停止しません。この原因は同じ環境で他のノートブックを開始した可能性があると考えられます。 アクティブなカーネルがないことが確実な場合にのみ、ランタイムを停止してください。

Spark のアイドル・タイムアウト

ノートブックや Data Refinery などのすべての Spark ランタイムは、3 時間使用されないと停止されます。 Data Refinery でデータを詳細化する際に使用される Default Data Refinery XS runtime は、アイドル時間が 1 時間になると停止します。

(例えば、Data Refinery フローやノートブックを実行するために) ジョブの開始時に開始された Spark ランタイムは、ジョブの終了時に停止されます。

GPU アイドル・タイムアウト

すべての GPU ランタイムは、エンタープライズ・プラン・ユーザーの場合は 3 時間利用しないと、他の有料プラン・ユーザーの場合は 1 時間利用しないと、自動的に停止されます。

RStudio アイドル・タイムアウト

RStudio は、アイドル時間が 2 時間に達すると自動的に停止されます。このアイドル時間の間は CUH を使用し続けることになり、それに対して課金されます。 計算負荷の高い長期ジョブは、24 時間が経過すると強制停止されます。

親トピック: プロジェクト