環境テンプレートの作成

Watson Studioによって提供されるデフォルトを使用しない場合は、カスタム環境テンプレートを作成できます。

環境テンプレートを作成するには、プロジェクト内で 管理者 役割または 編集者 役割を持っている必要があります。

以下の資産の環境テンプレートを作成できます:

  • Watson Studio
    • ノートブック・エディターでのノートブック
    • RStudio でのノートブック
    • モデル・ビルダーで作成されたモデル
    • フロー・エディターでのモデル・フロー
    • Data Refinery フロー
    • プロジェクト内の Data Refinery フローやノートブックなどの、運用資産を実行するジョブ
  • DataStage
    • DataStage フロー

環境テンプレートを作成するには:

  1. 管理 タブで 環境 ページを選択してください。
  2. テンプレートの下の 新規テンプレート をクリックしてください。
  3. 名前と説明を入力します。
  4. 以下のいずれかのエンジン・タイプを選択してください:
    • デフォルト: Watson Studioの Python、「R」、および 「RStudio」 ランタイムを選択してください。
    • Spark: Watson Studioの Pythonランタイム、「R」 ランタイム、または 「Scala」 ランタイムを使用する 「Spark」 を選択します。
    • GPU: Watson Studioのモデル・トレーニングのパフォーマンスを向上させるために、より高い計算能力を選択します。
    • DataStage: DataStage のパラレル・エンジン・ランタイムとのデータ統合の場合に選択します
  5. ハードウェア構成 ドロップダウン・メニューからハードウェア構成を選択します。
  6. 「Default」、「Spark」、または「GPU」のランタイムを選択した場合は、ソフトウェアのバージョンを選択します
  7. ランタイム・タイプとしてDataStageを選択した場合は、以下のようにロケーションを定義します:
    • ランタイムが IBM Cloud上にある場合はIBM
    • ランタイムが Satellite ロケーションにある場合は AWS ( Satellite経由) 。 地域は自動的に完了されます。

新しい環境テンプレートが、プロジェクトの 環境 ページの「環境テンプレート」の下にリストされます。 このページから、環境テンプレートを更新したり、どのランタイムがアクティブかを確認したり、ランタイムがこれまでに消費した 1 時間当たりのキャパシティー・ユニット数を追跡したりすることができます。 ここからランタイムを停止することもできます。

環境テンプレートのプロモート

環境テンプレートを作成し、それをデプロイメント・スペースにプロモートした資産に関連付けた場合は、その環境テンプレートを同じスペースにプロモートすることもできます。 環境テンプレートを同じスペースにプロモートすると、プロジェクトで使用されたのと同じ環境で資産を実行できるようになります。

プロモートできるのは、自分が作成した環境テンプレートのみです。

環境テンプレートをプロモートするには:

  1. プロジェクトの 環境 ページで、環境テンプレートを選択し、 アクション > プロモートをクリックしてください。
  2. 資産をプロモートしたスペースをターゲット・デプロイメント・スペースとして選択し、オプションで説明を入力します。

制限

Notebook environments (Anaconda Python or R distributions):

  • Watson Studioに組み込まれているデフォルトの Python および 「R」 環境テンプレートにソフトウェア・カスタマイズを追加することはできません。 自分が作成した環境テンプレートにのみカスタマイズを追加できます。
  • Conda を使用してソフトウェア・カスタマイズを追加する場合は、ご使用の環境に少なくとも 2 GB の RAM が必要です。
  • 「R」 パッケージを 「CRAN」 または 「GitHub」 から直接インストールして 「R」 環境をカスタマイズすることはできません。 必要な CRAN パッケージが Conda チャネルからのみ使用可能であるかどうかを確認できます。パッケージが使用可能な場合は、そのパッケージ名をカスタマイズ・リストに r-<package-name>として追加します。
  • Watson Studio 環境でノートブックを開始した後は、そのノートブックの内部から別の Conda 環境を作成して使用することはできません。 Watson Studio 環境は、Conda 環境マネージャーのようには動作しません。

Spark 環境:

  • Spark 環境テンプレートのソフトウェア構成をカスタマイズすることはできません。

次のステップ

詳細情報

親トピック: コンピュート・リソースの管理