0 / 0
資料の 英語版 に戻る
Google Cloud Platform との統合
Google Cloud Platform との統合

Google Cloud Platform との統合

Google Cloud Platform (GCP) との統合を構成して、Cloud Pak for Data as a Service ユーザーが GCP のデータ・ソースにアクセスできるようにします。 先に進む前に、適切な権限があることを確認してください。

統合を構成すると、サービス・インスタンスの下に統合が表示されます。 例えば、BigQuery データ・セットとストレージ・バケットをリストする新しい「GCP」タブが表示されます。

GCP との統合を構成するには、以下のようにします。

  1. Google Cloud Platform (https://console.cloud.google.com) にログオンします。
  2. 「IAM & 管理」>「サービス・アカウント」に進みます。
  3. プロジェクトを開き、「CREATE SERVICE ACCOUNT」をクリックします。

  4. 新規サービス・アカウントの名前と説明を指定し、「CREATE」をクリックします。 必要に応じて他のオプションを指定し、「DONE」をクリックします。

  5. サービス・インスタンスの横にあるアクション・メニューをクリックし、「鍵の作成」を選択します。 鍵タイプとして「JSON」を選択して、「CREATE」をクリックします。 JSON 鍵ファイルがマシンにダウンロードされます。

重要! 鍵ファイルは安全な場所に保管してください。

  1. Cloud Pak for Data as a Service では、「管理者」>「クラウド統合」の下の 「GCP」タブに移動し、統合を有効にしてから、JSON 鍵ファイルの内容をテキスト・フィールドに貼り付けます。 JSON の特定のプロパティーだけが保管され、private_key プロパティーが暗号化されます。
  1. Google Cloud Platform に戻り、前に作成したサービス・アカウントを編集します。 以下の役割を追加します。

  2. GCP サービスが表示されることを確認します。 メインメニューから、「サービス」>「サービス・インスタンス」を選択します。 「GCP」タブをクリックして、これらのサービス (BigQuery データ・セットやストレージ・バケットなど) を表示します。

これで、GCP サービスに対する資格情報を持つユーザーは、「接続の追加」ページでそのユーザーを選択することにより、そのユーザーに対して「接続の作成」を実行できます。 その後、 接続済みデータ資産の作成によってそれらの接続からデータにアクセスできます。

次のステップ

親トピック: 他のクラウド・プラットフォームとの統合