サービスとしてのCloud Pak for Data 上の Databases for MongoDB

説明

MongoDB Enterprise Advanced はクロスプラットフォームの文書指向 NoSQL データベースです。 これは、表ベースのリレーショナル・データベース構造ではなく、動的スキーマを使用する JSON のような文書を使用します。これにより、特定のタイプのアプリケーションのデータをより簡単かつ高速に統合できます。 Databases for MongoDB サービスを使用すると、 IBM Cloud Pak for Data クラスターで自動スケーリングを使用して高性能で可用性の高いデータベースを作成できます。これにより、データを管理し、それを使用して詳細な分析を行うことができます。

MongoDB データベースを Cloud Pak for Data に統合すると、以下の状況に役立つ可能性があります。

  • 急速に変化するデータ・モデルをサポートする運用データベースが必要である。
  • 軽量で待ち時間の短い分析を運用データベースに統合したい。
  • データがサイロにある場合でも、ビジネスのリアルタイム・ビューが必要である。
  • アプリケーションを開発していて、以下を実行できるデータベースが必要である。
    • 構造化データ、非構造化データ、およびポリモアフィック・データなど、さまざまなデータ・タイプの大量のデータを保管する。
    • 何百万人ものユーザーをサポートする。
    • 顧客に配信するコンテンツをパーソナライズする。
  • モノのインターネットのデバイスまたはセンサーからの大量のデータを保管する必要がある。
  • カタログを保守する必要がある。
  • さまざまなタイプのコンテンツを保管および提供する必要がある。

このサービスは、Watson Studio および Watson Knowledge Catalog から接続できるデータベースを提供します。

クイック・リンク

統合サービス

表 1. 関連サービス
サービス 機能
SQL Query SQL 照会 (つまり SELECT ステートメント) を実行して、長方形データを分析、変換、またはクリーンアップします。
Watson™ KnowledgeCatalog データ・ガバナンス・フレームワークによってサポートされる、このセキュアなエンタープライズ・カタログ管理プラットフォームを使用して、キュレートされた資産のカタログを作成します。
Watson Studio データ・サイエンティスト、開発者、および対象分野の専門家向けのツールを使用して、コラボレーション環境でデータを準備、分析、およびモデル化します。