0 / 0
資料の 英語版 に戻る
Cloud Pak for Data as a Service 上の IBM Match 360 with Watson (ベータ版)

IBM Match 360 with Watson (ベータ) on Cloud Pak for Data as a Service

 

説明

IBM® Match 360 with Watson™ on IBM Cloud Pak for Data は、さまざまなソースからのデータをシームレスに統合して、お客様の単一の信頼できる 360 度ビューを確立します。 IBM Match 360 with Watson (IBM Match 360) には、ビジネス上の洞察を提供する、クラウド・ネイティブの、機械学習を支援するセルフサービス・アナリティクスおよびマッチング・ツールが含まれています。

IBM Match 360 with Watson は Cloud Pak for Data as a Service の一部であり、データ・ファブリック・アーキテクチャーのデータ・マッチング機能を提供します。

IBM Match 360 が Cloud Pak for Data as a Serviceのサービス・アーキテクチャーにどのように適合するかを示す図。

データ・エンジニアは、企業全体のさまざまなシステムから顧客データを収集できます。 新しいデータ・ソースをオンボードすると、 IBM Match 360 によってカスタマイズ可能なデータ・モデルが自動的に生成されるため、データ・エンジニアは数千もの属性を手動でマップする必要がありません。 データが IBM Match 360にロードされると、データ・エンジニアはマッチングを実行して、強化されたマスター・データ・エンティティーを作成できます。 IBM Match 360 は、インテリジェントなマッチング・アルゴリズムを提供します。このアルゴリズムを調整およびトレーニングすることで、信頼性の高い統一された顧客データ・ソースを提供できます。

データ・スチュワードは、データ品質を測定的に向上させる意思決定を支援します。 データ・スチュワードは、各資産の全体的なデータ品質スコアを確認および分析し、マスター・データ・エンティティーに対するシステムの信頼性の詳細ビューを表示できます。 その後、ガバナンス・タスクを作成し、機械学習に基づいてそれらを修復して、潜在的なデータ品質の問題を解決できます。

ビジネス・ユーザーおよびシステムは、 IBM Match 360 にアクセスして、マスター・データ・エンティティーの検索、表示、および分析を行うことができます。 IBM Match 360 on Cloud Pak for Dataを使用すると、ユーザーとシステムがデータの全体像を把握できるようになります。 シームレスに統合されたクロスソリューション・クラウド・エクスペリエンスにより、ユーザーは、マスター・データを利用する予定のスペースでマスター・データを直接検出できます。 IBM Match 360 には、信頼できるマスター・データに直接アクセスするためにビジネス・アプリケーションで使用できる豊富な API も含まれています。

クイック・リンク

  • 使用: サービスの処理
  • 開発: コードの作成とアプリケーションの作成
  • 作成: サービス・インスタンスの作成

統合サービス

表 1. 補足サービスを参照してください。 このサービスを必要とする以下の補足サービスを使用して、このサービスの機能を拡張できます。
サービス 機能
IBM Knowledge Catalog データ・ガバナンス・フレームワークによってサポートされる、このセキュアなエンタープライズ・カタログ管理プラットフォームを使用して、キュレートされた資産のカタログを作成します。
表 2. 関連サービス以下の関連サービスは、多くの場合、このサービスと一緒に使用され、補完機能を提供しますが、必須ではありません。
サービス 機能
DataStage® 組み込みの検索、自動メタデータ伝搬、コンパイル・エラーの同時強調表示を使用して、企業の情報を変換および調整するジョブを作成、編集、ロード、および実行します。
生成 AI の検索と回答
これらの回答は、製品資料の内容に基づいて、 watsonx.ai のラージ言語モデルによって生成されます。 詳細