Cloud Object StorageONサービスとしてのCloud Pak for Data

説明

IBM Cloud Object Storage は、プロジェクト、カタログ、およびデプロイメント・スペースのストレージを提供します。 IBM Cloud Object Storage インスタンス内のデータにアクセスするための接続を作成することもできます。

プロジェクト、カタログ、またはデプロイメント・スペースの作成時に、IBM Cloud Object Storage インスタンスを選択する必要があります。 すべてのプロジェクト、カタログ、およびデプロイメント・スペースに対して単一のインスタンスを使用することも、複数のインスタンスを使用することもできます。 プロジェクト、カタログ、デプロイメント・スペースにはそれぞれ独自の専用バケットがあります。 バケットには、資産のファイル (アップロードされたデータ・ファイルやノートブック・ファイルなど) が保管されます。 プロジェクト、カタログ、またはデプロイメント・スペースとそのストレージ・バケットとの間の接続は暗黙的です。

アクセスできる任意の IBM Cloud Object Storage インスタンスに保管されているデータに接続する場合は、IBM Cloud Object Storage 接続を作成します。 Cloud Object Storage バケットへの接続を作成した後、接続されたデータ資産を作成することで、バケット内のファイルにアクセスできます。

このサービスは、プロジェクト、カタログ、およびデプロイメント・スペース用のストレージを提供します。

クイック・リンク

統合サービス

表 1. 関連サービス
サービス 機能
Watson™ KnowledgeCatalog データ・ガバナンス・フレームワークによってサポートされる、このセキュアなエンタープライズ・カタログ管理プラットフォームを使用して、キュレートされた資産のカタログを作成します。
Watson Machine Learning 幅広いツールを使用して、機械学習モデルを構築、トレーニング、およびデプロイします。
Watson Studio データ・サイエンティスト、開発者、および対象分野の専門家向けのツールを使用して、コラボレーション環境でデータを準備、分析、およびモデル化します。